Chapter 19

求人票 - 求人票作成

てぃーびー
てぃーびー
2022.08.08に更新

求人要件の定義が終わったら求人票を作成することになります。

採用チャネル

求人票は必要な採用チャネル全てで作成する必要があります。
採用チャネル は、 採用のために用いる手段 です。
例えば

  • 自社の採用ページ
  • 任意の求人媒体
  • 任意の人材紹介会社
  • SNS スカウト
  • リファラル採用

などがあります。

求人票のマスタ

求人票に記載する情報を複数の採用チャネルに反映していくことが必要となります。
その際に、すべて手入力していると内容に統一性がなくなることや、タイポが入り込む可能性が高まるため、何らかの方法で求人票の部品単位でマスタ管理をして、そこからコピー&ペーストするのが好ましいでしょう。
項目と内容をワンセットで管理できるなら、 Spreadsheet でも情報共有ツールでも好みのものでよいでしょう。

法的制約

求人票の記載事項には職業安定法上の記載必須事項があります。
この点をカバーするように作成をします。

労働者を募集する企業の皆様へ 施行日:2018(平成30)年1月1日 - 厚生労働省 / PDF

採用チャネルごとの制約

採用チャネルごとに制約が異なります。

  • 項目のわかれ方
  • 各チャネル独自の入力項目
  • NG ワード
  • 記法のサポート範囲( Markdown の利用有無など)
  • 各項目の最大文字数

全採用チャネル共通のマスタの他に、個別採用チャネル別のマスタも用意しておくとよいでしょう。

よりよい求人票を書くために

文章力

よりよい求人票を書くためには簡潔でわかりやすい文章を書くことが必要です。短期間で簡単に伸ばせる要素ではありませんが、必須のスキルです。文章で適切に内容を伝えるためのノウハウについては、結城浩先生の 数学文章作法シリーズ文章教室 がおすすめです。

他社から学ぶ

採用に強い他社の求人ページはよい学習教材です。

  • 求人票にどのような情報を掲載しているか?
  • 伝えやすい文章にするためにどのような工夫がなされているか?
  • 求人票の全体像としてどのような順序で情報を伝えているか?

など、様々な観点で参考にすることができます。