Chapter 21

求人票 - 求人票メンテナンス

てぃーびー
てぃーびー
2022.03.16に更新
このチャプターの目次

求人票は作成して終わりではありません。求人公開中に前提となる情報が変更されたらその内容を反映する必要があります。

採用チャネル

すべての採用チャネルの情報を等しく更新する必要があります。
抜け漏れをふせぐために、タスク管理をしつつ、対象チャネルをチェックリスト形式で消し込みつつ対応するなどが必要でしょう。

変更検知

そもそも求人票に関わる情報が変化したことを把握可能にする必要があります。

例えば

  • 現場の技術スタックが変わったが求人票の技術スタックに反映されていない
  • 現場で求める人物像に変化があったが求人票に反映されていない
  • 社内で職種の呼称が変わったが、求人票の職種名に反映されていない

などがありがちなパターンでしょう。

求人票のメンテナンス担当は、各情報がどこでどのように意思決定され、どこにその情報が記録されるかを把握し、逃さずに変化を把握できるようにしましょう。

定期更新

一定期間ごとに更新をする類のものもあるでしょう。
例えば、会社情報における社員数などは毎月更新はしないでしょうから、年度単位での更新など定期的な更新を計画通りに実施できるようにタスクやリマインダーの用意をしておくとよいでしょう。
事業情報におけるアクティブユーザー数などの記載も同様です。