Chapter 03

◽ 制作を始める前の準備

ポコ太郎
ポコ太郎
2022.01.09に更新

前提条件

UE5 はインストール済みで、UE5 の基本操作は説明不要という前提で解説を進めます。

プロジェクトの作成

Editor Utility Blueprint』を試すためにプロジェクトを新規作成します。
BPで編集するためのアセットが最初から沢山ある方が良いので「Blank」ではなく「Third Person」を選び「Starter Content」も含めるようにしています。

プロジェクトが開いたらコンテンツブラウザに適当なフォルダを作成します。
ここでは「Editor Utility」としました。今後このフォルダで作業していきますが、アセット数が増えてきたら適当にサブフォルダを作って分類しながら進めていただくので大丈夫です。

プラグイン

プラグインの「Editor Scripting Utilities」が有効になっているかご確認ください。

また Python を利用する場合は「Python Editor Script Plugin」も有効にします。