Chapter 11無料公開

📃2-3.ゲームをプレイしてみよう!エディタが重い時の対処法も紹介

Daichi
Daichi
2022.05.02に更新

コメント🐤

まずはUE5のエディタ内でゲームをプレイしてみましょう!

今回は前回作成したサードパーソンのプロジェクトのゲームをプレイしてみて(プロジェクトの作り方は前ページまで)、サンプルのFPSゲーム「Lyra Starter Game」の遊ぶ方法を紹介します。最後にエディタが重い場合の対処法も加えて解説していきます。

サードパーソンのゲームをプレイしてみよう

  1. UE5のエディタがこのように↓開かれていると思いますが、もし右下にポップアップが表示されている場合は邪魔なので「閉じる」または「アップデート」で閉じておきましょう。

  2. 上にあるプレイボタンを押してみましょう。

  3. ゲームが始まります。ビューポートと呼ばれるゲーム画面が見える場所で一度クリックするとキャラクターが操作できるようになります。

  4. WASDキーで移動でスペースでジャンプができます。ESCキーでゲームを終了できます。

ちなみにプレイ中のキーボード操作は以下です。

プレイ中の操作 操作
Esc ゲームをプレイしている時に中断する
Shift + F1 プレイ中に隠れているマウスを表示してエディタ操作可能にする
F11 ビューポート(ゲーム画面)をフルスクリーンに切り替える

基本的に「Esc」キーでゲーム終了と「Shift+F1」でマウスを表示する方法は使用するので覚えておきましょう。

コメント🐤

こんな感じにUnrealEngineはゲームの元部分が出来上がっている状態からゲームを作る事ができるという事ですね。次にUE5エディタ内でもっと完成度が高いFPSのサンプルゲーム「Lyra Starter Game」を遊んでみましょう。

本格的なFPSゲーム(Lyra Starter Game)の遊び方

UE5では「Lyra Starter Game」という完成度が高いFPSのサンプルゲームがあるので、遊び方について解説していきます。必須ではありませんが、かなり楽しめる事と、UE5でしっかりこういったゲームが動くという事を実感できるのでぜひプレイしてみてください。

  1. EpicGamesLauncherを開いてUnrealEngine > サンプル > Lyra Starter Gameを選択しましょう。またはマーケットプレイスにて検索したら出てきます。

  2. 矢印の部分に無料と書かれているのでクリックします。クリックしたらプロジェクトを作成するに切り替わるのでそのままクリックします。

  3. 必要であればフォルダの保存場所を指定して、クリエイトを選択します。

  4. プロジェクトブラウザの最近使用したプロジェクトから「Lyra Starter Game」を探します。ある場合はそのまま選択して開くを押します。

    見当たらない場合はブラウズから今作成した場所を開いて青いアイコンがある箇所をダブルクリックで開きます。

  5. プロジェクトが開いたらプレイボタンを押します。

  6. プレイしたら遊ぶモードを選択できるワールドになるので、左から二番目のELIMINATIONの所まで行きましょう。

  7. ゲームがプレイできる事が確認できます!

    これもEscキーを押して右上×をクリックすると終了します。

コメント🐤

今回、UnrealEngineのマーケットプレイスという場所でサンプルのゲームをダウンロードしました。マーケットプレイスにあるゲームやゲーム素材は無料,有料関わらず自身のゲームの一部として作成し、公開や販売する事が可能です。つまりこのゲームを元にFPSを作っていくなんて事もできちゃう訳です。詳しくはマーケットプレイスのライセンスをご覧ください。では、今こうして遊んでみてエディタが重かった場合どうすればよいのでしょうか?対処法を紹介します。重くない方はそのまま次のページへ。

エディタが重い時の対処法

UnrealEngineはエディタが重めです。基準としては最初のサードパーソンのプロジェクトの時点で重いと、ゲーム開発はそのPCでは苦労するかもしれません。一番の解決策はある程度スペックがあるPCを購入する事ですがまずは以下を試してみましょう。

  1. 他のタスクやアプリを終了しましょう。タスクマネージャーはCtrl + Shift + Escキーで開いて右クリックで終了を行います。
  2. エディタの右上の設定→エンジンの拡張機能設定から品質を中または低にします。低にするとパフォーマンスは良くなりますが、画質等も悪くなります。
  3. ビューポート(ゲームプレイ画面)の一番左の線三本のボタンからリアルタイムレンダリングのチェックを外します。これでエディタ操作中は雲が止まったり、ゲーム内のエフェクトや木や草の風、光の変更が停止されます。できればチェックを入れたままの方がエディタの操作がしやすいです。

一番の対処法はスペックが高いPCを用意する事なので、UnrealEngineを使ってゲーム開発を本格的にしていきたいと決めた時に、PCの買い替えを検討する事をおすすめします。推奨スペックについては[1-1]UnrealEngineとは?に記載しているのでご確認ください。簡単に言うと、Windowsのデスクトップで10~20万する最新のPCであればほぼ問題なく使えるでしょう。

コメント🐤

今回まずはゲームを遊んでみました。早速エディタの使い方について学んでいきたい所ですが、その前に知っておきたい基本知識について解説していきます。