Chapter 22無料公開

📃3-8.詳細パネルの使い方

Daichi
Daichi
2022.04.30に更新

コメント🐤

今回は詳細パネル(Details) について紹介していきます。

詳細パネルとは?

詳細パネルには選択しているアイテムの詳細設定が表示されます。ここには位置や回転などのトランスフォームだったり、見た目を決定するマテリアルなどの設定があります。

コメント🐤

では詳細パネルの上から順に見ていきましょう。今回はサードパーソンのキューブを例に解説していきます。

①コンポーネント(アクタの部品)

名前の下にはコンポーネントと呼ばれる構成要素を表示する場所があります。コンポーネントは、メッシュを表示する機能だったり、アクタを回転させたり、音を流したりと様々な機能を持ったいわゆるアクタの部品になります。

例えばキューブのコンポーネントには、デフォルトでStaticMeshComponetというものがついていますね。これはメッシュを表示させるコンポーネントで、キューブというメッシュが見えているのもこのコンポーネントがあるからです。試しにコンポーネントを作成して加えてみましょう。

コンポーネントをつけてみよう|実践

  1. キューブを選択した状態で追加からRotating Movementというコンポーネントを探して、クリックします。

  2. キューブの重力があると地面との摩擦で停止してしまうので物理からSimulatePhysicsの✓を外します。これで物理的な力の影響を受けなくなり回転するようになります。

  3. ゲームをプレイしてみましょう。回転コンポーネントで回転するようになりました。

  4. またコンポーネントは「機能」だけではなくメッシュなども追加する事ができます。追加からStaticMesh > StaticMeshのコンポーネントを選択した状態で詳細からメッシュを椅子(SM_Chair)に変更します。椅子がキューブと重なっているので少しずらします。

  5. プレイするとキューブのアクタに回転コンポーネントとメッシュのコンポーネントがついて以下の様になりました。

コメント🐤

コンポーネントとはアクタの部品で、様々な機能を持っています。ただし、今回アクタをコンポーネントで回転させましたがこれはブループリントでも回転させる事ができます。コンポーネントについて詳しくはブループリントの章で解説予定です。

また、これより下の詳細の設定などはあまり重要ではないので次ページにスキップしても良いかもしれません。めんどくさがりな方は一度目をパッと通しておくだけで構いません。

②名前の右側のボタン

左から順に紹介すると..

そのアクタのブループリントを開く事ができます。ブループリントではないアクタの場合にクリックするとブループリントにする事ができます。
はてなをクリックするとコンポーネントに関する公式ドキュメントが開きます。
鍵マークをクリックするとアクタの詳細設定は固定され、他のアクタを選択しても詳細設定は鍵マークをクリックした時に選択したアクタの設定が表示され続けます。

コメント🐤

名前の右側のボタンに関しては正直あまり使用しませんね..ブループリントもCtrl+Eのショートカットで開く事ができます。ブループリントまだ知らない方は後ほど解説します。

③設定の検索

詳細パネルには設定がたくさんあるので、設定を探す時には検索タブで検索すると便利です。

また検索せずともタブの下に表示されているアイコンから飛ぶ事ができます。

では次にこの検索タブの右側三つのボタンの紹介です。

④プロパティマトリックス


検索タブ右の計算機のようなアイコンはプロパティマトリックスといって複数のアクタの共通設定を確認したり編集したりできる機能です。あまり使用する機能ではありませんが実際に試してみましょう。

  1. キューブをAltしながら移動で複製後、両方のアクタを選択してプロパティマトリックスをクリックで開きます。
  2. 左側に選択したアクタが表示され、右側に設定項目が並んでいます。それぞれの設定を比較する時には右側の設定項目でピンを打ちます。
  3. 例えばStaticMeshActor > Transform > RelativeLoacation(トランスフォームの位置)のピンをクリックします。
  4. すると二つのキューブの座標が表示されました↓

    Ctrl+Cでコピーして、Ctrl+Vでコピペなど編集操作ができます。

コメント🐤

プロパティマトリックスは超大量のアクタの詳細設定を比較、または一括変更したい時に活用できます。ただあまり使用頻度は多くはないですね。

⑤お気に入りの切り替え


星のマークをクリックするとお気に入りパネルが詳細パネル一番上に追加されます。お気に入りパネルにはお気に入りに追加した設定が表示されます。

実際に追加してみましょう。

  1. 例えば物理 > SimulatePhysics(物理挙動の有効か無効か)を右クリックでお気に入りに追加を選択します。★マークをクリックしてお気に入りパネルを追加します。

  2. 追加され一番上に設定が表示されました↓

コメント🐤

詳細設定は非常に項目が多く探すのも手間なので、特定の設定を常に一番上に表示させたい時に便利です。

⑥詳細の表示設定


この歯車のアイコンをクリックすると数ある設定項目をフィルタでき、一部の設定項目のみ表示させる事ができます。

上から順に主な設定を紹介します。

設定項目 解説
変更したプロパティのみ表示 デフォルトの状態から変更した設定のみ変更されます
アドバンスな詳細も表示 アドバンスの設定項目も全て表示します。設定項目はデフォルトでは主な設定のみしか表示されていません。画像の矢印から隠れている設定項目を手動で開く事ができ、この「アドバンスな詳細も表示」をクリックすると全部開かれた状態になります。
セクションの表示 セクションとはこの部分の事でここの表示切り替えができます。
全カテゴリを折りたたむ 設定項目を全てたたむ事ができます。
全カテゴリを展開 設定項目を全て開く事ができます。

⑦デフォルトの設定に戻す矢印

設定は変更された値に右隣に戻る矢印が表示されます。この矢印をクリックするとデフォルト値に戻す事ができます。

コメント🐤

以上です!次に進みましょう!