Chapter 38無料公開

📰blueprintUEでノードを保存,コピペしよう [UE5入門チュートリアル #3-6]

Daichi
Daichi
2022.07.06に更新

コメント🐤

ノードはテキストベースのプログラミングと違い、コピペや保存の管理がしにくいです。しかし「blueprintUE」というサイトを利用する事によって作成したノードは簡単に保存でき、後から簡単にコピペできます。この本でも作する長めのノードはblueprintUEのリンクを貼ってコピペできるようにしていたりと結構重要なものなので紹介します。

ブループリントの問題点(コピペだと長文になり管理がしにくい)

ブループリントの問題点として、ノードをそのままコピペすると以下の右画像のように超長文になってしまいます。これだと貼り付けただけでページが埋まってしまうため別で保存しとくにも管理が大変です。

そんな問題を解決するのがblueprintUEというサイトで、blueprintUEだと見た目は変わらず簡単に管理,保存が可能です↓

blueprintUEとは?

「blueprintUE」というサイトは、作成したブループリントを保存したり共有したりコピペできる場所です↓公式サイトではありませんが、バージョン毎に保存できたりとかなり便利です。

blueprintUEでノードを保存、コピペしてみよう

まずはブループリントを保存する方法を紹介します。

  1. ノードは何でも構いませんが、レベルブループリントを開いて以下の二―ドを作成したら、ドラッグでノードを選択し、Ctrl + Cでコピーします。後からコピペするのでこのノードは削除しておきます。

  2. blueprintUEにアクセスします。アカウントを作成してログインします。

  3. 黒い欄にCtrl + Vで貼り付けます。Titleに名前をつけてCreateyourblueprintで作成できます。横の三つの設定ではExposureで公開または非公開を選択できて、Expirationで期限を選択でき(Neverで永続)、UEversionは5.0(特に何でも良い)にしておきます。

    保存が完了しました。

  4. Code to Copyの部分をクリックするかブループリントを選択した状態でCtrl+Cでノードをコピーできます。

  5. あとはUE5を開いて貼り付けると使用できます。

ブループリントに変更を加えてバージョンを追加する

  1. 少し変更を加えてバージョンを変更して保存してみましょう。ノードを少し変更して(テキストをHelloWorldにします)、コピーしておきます。

  2. 一度保存したブループリントはProfileから確認できます。このページはブックマークしておく事をおすすめします。作成したブループリントを開きます。

  3. EDIT BLUEPRINTボタンをクリックします。

  4. 黒枠の部分にコピペして、バージョン変更理由を記載し、Add new versionをクリックします。

  5. バージョンが更新され、新しいノードになりました。過去のバージョンも確認する事ができます。

コメント🐤

一度作成した長めのブループリントは、blueprintUEに保存しておくと後から確認とコピペができるので楽です。私もお気に入りに登録していつでも使用できるようにしているのでblueprintUEのサイトをお気に入りに追加しておく事をおすすめします。