Chapter 10

クイックリプライを活用して会話の流れをサポートする

maKunugi
maKunugi
2021.12.07に更新

このチャプターのゴール

  • クイックリプライの利用用途が理解できている
  • クイックリプライを設定できる

クイックリプライとは

meboでは、チャット画面に表示される発話候補のことを「クイックリプライ」と呼んでいます。

クイックリプライには、次にユーザに発話してもらいたい内容や、ユーザが次に知りたいと思われるような内容を並べておくことが好ましいです。クイックリプライに次にユーザが話しかけたくなるような言葉が並んでいれば、ユーザは入力の手間をかけることなく新しい情報にアクセスができます。また、どんな情報をエージェントが持っているかわからなかったり、質問の表現方法に悩んでいる場合などは、クイックリプライがそのヒントをユーザに与えてくれます。「エージェントにせっかく会話コンテンツを登録したのにユーザに気づかれずにスルーされてしまう」ということがないよう、クイックリプライを活用することは非常に重要です。

クイックリプライの種類

meboにおけるクイックリプライは、大きく次の2種類があります。

  1. 自動で表示されるクイックリプライ
  2. エージェントの作成者が設定するクイックリプライ

この両方について説明をしていきます。

1. 自動で表示されるクイックリプライ

「自動で表示されるクイックリプライ」を利用する場合、特別な設定は不要です。meboでは、会話コンテンツの「トピック」に追加した内容を自動でクイックリプライに表示する仕組みがあります。

会話開始時のクイックリプライ

自動でクイックリプライが表示されるタイミングの1つは、会話の開始時です。会話の開始時は、登録されているトピックの発話がクイックリプライに並びます。meboにおける「トピック」は、エージェントの用途や目的に合った会話すべきメインの話題です。メインの話題に素早くユーザがアクセスができるよう、クイックリプライにトピックの内容が並ぶようになっています。

トピックに紐づく応答ごとのクイックリプライ

トピックの応答にクイックリプライを明示的に設定していない場合、1つの応答が属するトピックに他の応答があれば、クイックリプライにその発話が自動で表示されます。

上記の例では、「meboの利用方法について」というトピックに含まれる「エージェントの作り方は?」という質問に対する応答が返される際に、同じトピック内の「自動でAIに応答をさせたい」という発話がクイックリプライに自動で表示されています。

関連しそうな話題があるときのクイックリプライ

AIによる自動応答時には、関連がありそうなトピックの発話があればクイックリプライに表示されます。

2. 明示的に設定するクイックリプライ

meboの各会話コンテンツにはクイックリプライを表示する設定があります。

会話開始時のクイックリプライを設定する

エージェントの設定画面で、会話開始時のクイックリプライを設定できます。

全ての時間帯でクイックリプライの内容を変える必要がない場合は、「選択肢に優先的に表示する文言 (全ての時間帯)」にクイックリプライの内容を入力します。1行に1つクイックリプライに表示される発話を入力しましょう。

時間帯ごとにクイックリプライの内容を変えたい場合は、時間帯ごとに指定をしましょう。

雑談ができるキャラクターをmeboで作ったりする場合は、時間帯ごとにおしゃべりできる内容ができると会話の面白みが増えるので、そういった用途に活用できます。

応答ごとのクイックリプライを設定する

meboで登録ができる会話コンテンツのほとんど全ての応答はクイックリプライが設定できます。応答ごとに設定したクイックリプライは、その応答がエージェントから発せられるタイミングで表示されます。

以上でクイックリプライに関する説明を終わります。ぜひクイックリプライを活用して、ユーザが適切な情報にアクセスできるような親切なサポートを行いましょう。