Chapter 15

直接お問い合わせをする導線を設置する

maKunugi
maKunugi
2021.12.07に更新

このチャプターのゴール

  • お問い合わせ導線を設置する方法について理解ができている
  • お問い合わせの内容を確認することができる

お問い合わせ導線の設置

meboでは、エージェントがユーザの質問に答えきれなかった場合などに備え、ユーザが直接お問い合わせを送ることのできる機能を用意しています。

お問い合わせ導線を設置すると、指定した応答が返される際に「メッセージを送信する」ボタンがチャット画面に表示されます。ボタンをクリックすると下記のようなお問い合わせフォームが表示されます。

設置方法

「トピック」もしくは「雑談表現」に対して、お問い合わせ導線を設置できます。

トピック一覧画面からお問い合わせ導線を表示する質問・応答のペアを作成しましょう。

お問い合わせ導線の設置は、応答の「詳細設定」に含まれます。「詳細設定を表示」をクリックしましょう。

「メール送信ボタンを設置する」にチェックを入れます。このチェックが入っている応答が返される際に、メッセージ送信ボタンがチャット画面上に表示されます。応答を追加して保存をしましょう。

通知を取得するメールアドレスの設定

エージェントの設定画面を開きます。

https://mebo-admin.work/admin/editBot

エージェントに対して1つのメールアドレスを設定できます。こちらに設定したメールアドレスには、ユーザからのお問い合わせがあったタイミングで通知が送信されます。

送信されるメールには下記の情報が含まれます。

  • ユーザからのお問い合わせ内容
  • ユーザのメールアドレス
  • ユーザの発話履歴
  • ユーザのステート

ユーザの発話履歴やステートを参考に、ユーザに返信を行いましょう。

お問い合わせメッセージをmebo上で確認する

ユーザからのお問い合わせはメッセージ一覧画面でも確認が可能です。

https://mebo-admin.work/admin/messages