Chapter 11

ComonyBillboad

LASTMILE WORKS
LASTMILE WORKS
2022.08.01に更新

ComonyBillboadについて


看板やお知らせなどの任意のオブジェクトが常にカメラの方向に向いてほしい時に使用するコンポーネントです。

こちらはトリガーやギミック、イベントの仕組みがわからなくても使用できます。

Gimmickシーンを確認


今回はGimmickシーン(Assets > ComonySDK > Samples > Gimmick)の中に配置されているBillboardという名前のオブジェクトを使ってご説明します。



設定方法


ComonyBillboadの使用方法はいたってシンプルです。

常にこちら(カメラ)に向いてほしいオブジェクトにComonyBillboardコンポーネントをアタッチするだけです。

サンプルでは全回転と表示されたCubeとY軸と記載されたCubeがありますが、全回転の方は上下の角度も含めたアバターの全ての向きと同期します。

Y軸と記載された方はCubeがY軸でしか動きませんのでカメラの上下の角度には反応せず、常にこちらを向くようになっています。

再生して確かめてみると違いがわかりやすいと思います。

この変更はComonyBillboardコンポーネント内の『Rotate Y Only』のチェックのオン/オフで切り替えられます。