ComonyTweenについて


ComonyTriggerによって関連付けられたギミックを指定した場所に移動させたり、回転させたり、大きさを変えたり出来るコンポーネントです。

トリガーやギミック、イベントの仕組みがわからない場合はComonyTriggerのページをご覧ください。

動作の確認


TweenはUnity上では動作しませんので最初にComonyに公開されているGimmickTestに入室して動作を確認してみましょう。

なお、このGimmickTestはGimmickシーンをアップロードしたものです。

Tweenのギミックには青いSphereが一つとCubeが三つ並んでいます。

まずは右のCubeをクリックすると青いSphereが上に移動します。



真ん中のCubeをクリックすると青いSphereが右下に移動します。



左のCubeをクリックすると青いSphereが左下に移動します。



では、どういった動作をしているかわかったところでGimmickシーンで仕組みを見てみましょう。

Gimmickシーンを確認


Gimmickシーン(Assets > ComonySDK > Samples > Gimmick)の中に配置されているTweenという名前のサンプルを使ってご説明します。

設定方法


Tweenの子になっている三つのCubeそれぞれにComonyTriggerがアタッチされていてActionKeyには右のCubeから順にtween_1、tween_2、tween_3という文字列が設定されています。



そしてこれらのTriggerの文字列によって動作させたい対象のオブジェクトであるTweenという名前の青いSphereにComonyTweenコンポーネントがアタッチされています。



ここでは三つのCubeによる三つの動作を設定しているのでItemは3に設定されていて、動作の種類を三つ用意しています。

一つ目の動作であるtween_1のRecv Actionにはtween_1という文字列が設定されていますので、一番右のCubeをクリックした時にはComonyTeen内のtween_1が動作します。

では一番最初にComonyに公開されているwebview testで見たように青いsphereが上に行くのはどのように指示したかですが、こちらはTo Transformの下にあるEbnable Positionにチェックを入れた上で移動させたい場所のローカル座標を入力することで指示しています。



また、回転させたければEnable Rotationにチェック、大きさを変えたければEnable Scaleにチェックを入れてそれぞれ任意の数値を入力してください。

同様にtween_2とtween_3にも移動させたい場所のローカル座標を入力することで青いSphereが右下に行ったり左下に行ったりする動作を指示しています。



OptionsのTimeは指定したローカル座標に到着するまでの秒数、Ease Typeは動作の緩急を設定できます。



Ease Typeは種類が豊富なので色々と違いを試してみて下さい。

今回ご説明に使用したサンプルでもtween_1とtween_2とtween_3にそれぞれ別のEasy Typeが設定されていますのでGimmickTestに再度入室して確認してみると参考になるかもしれません。