Chapter 33

Exceptionクラス

kazpgm
kazpgm
2022.01.07に更新

自動作成されたExceptionクラスを説明する。

CSVファイルアップロード時の複合項目チェック例外クラス(UploadComplexValidException.java)

exception.UploadComplexValidException.java

package com.kaz01u.demo.exception;

import java.util.ArrayList;
import java.util.HashMap;
import lombok.Data;
import lombok.EqualsAndHashCode;

・@Data:対象クラス内のインスタンス変数に対してgetter/setterでアクセスすることを可能とする。でも、継承を伴う@Dataの場合、警告が出るので、@EqualsAndHashCode(callSuper=false)を記述する。記述しなくてもOKだけど。

@Data
@EqualsAndHashCode(callSuper=false)

・CSVファイルアップロード時の複合項目チェックエラー(自力チックで出したエラー)のException

public class UploadComplexValidException extends RuntimeException{
    private static final long serialVersionUID = 1L;
    // 行番号、項目のエラーメッセージ
    HashMap<Integer, ArrayList<String>> hashMap;

・CSVファイルアップロード時の、複合項目チェックエラーMAPを引数にしたコンストラクタ。
・複合項目チェックエラーMAPは、行番号をキーに、複合項目チェックエラーリストをデータとしている。

    public UploadComplexValidException(HashMap<Integer, ArrayList<String>> hashMap) {
        this.hashMap = hashMap;
    }
}