Chapter 17

ツール同梱の、自動作成PGMサンプルを動かす

kazpgm
kazpgm
2021.12.13に更新

1.「手順01.PC設定」を行ってください

2.「手順02.ツールダウンロード」を行ってください

3.「自動作成先フォルダ」説明中の「.\作成先フォルダ\demo-spring-kaz01u」フォルダを「作成例\kaz_javaSpringBootプログラム作成ツール\作成先フォルダ\demo-spring-kaz01u」フォルダと読み替えて「手順09.STS4(Spring Tool Suite 4)に設定」を行ってください

4.「手順10.DB作成」を行ってください

5.「手順11.DB情報をWEB実行環境に設定」を行ってください

6.「手順12.メールサーバをWEB実行環境に設定」を行ってください

7.「手順13.WEB実行」を行ってください

8.WEB画面の「初期データアップロード管理」でアップロードする。(初期データが入っていたほうが確認しやすいので登録する)

「作成先フォルダ\demo-spring-kaz01u\sql」フォルダから
 ・業種情報アップロードで、1_作成例アップロード_業種情報.csvをアップロード
 ・大分類情報アップロードで、2_作成例アップロード_大分類情報.csvをアップロード
 ・中分類情報アップロードで、3_作成例アップロード_中分類情報.csvをアップロード
 ・小分類情報アップロードで、4_作成例アップロード_小分類情報.csvをアップロード
手順98_01.png
手順98_02.png
手順98_03.png
手順98_04.png

9.WEB画面で「商品情報管理」、「使用できる項目管理」あたりで入力、更新、削除してみてください。

追記:
 ・「購入履歴情報」と「購入履歴明細情報」は親子関係があり、「購入履歴情報」画面で
  同時に入力、更新、削除できます。
  更に、同じように「大分類情報」と「中分類情報」、「中分類情報」と「小分類情報」も
  親子関係を親画面で同時に入力、更新、削除できます。
 ・間違って登録済み管理者を削除しないように、「ユーザー情報管理」の削除は
  動かさないでください。

商品情報登録を押下する

手順98_05.png

商品情報を入力する

手順98_06.png

登録ボタンを押下する。

手順98_07.png
手順98_08.png

商品情報一括登録を押下する

手順98_09.png

複数行入力のために行数を増やす

手順98_10.png

追加行数を選択すると、行が追加される

手順98_11.png

商品情報を入力する

手順98_12.png

登録ボタンを押下する。

手順98_13.png
補足:一括登録はメール送信を行いません。メール送信が必要な場合、登録PGMを参考にしてロジック追加してください。

商品情報一覧(更新削除)を押下する

手順98_14.png

検索条件を入力する

手順98_15.png

検索ボタンを押下する

手順98_16.png

更新画面への切替ボタンを押下する

手順98_17.png

内容を変更する

手順98_18.png

登録ボタンを押下する

手順98_19.png

詳細ボタンを押下する

手順98_20.png

変更ボタンを押下する

手順98_21.png

内容を変更する

手順98_22.png

登録ボタンを押下する

手順98_23.png

管理者用csv出力を押下する

手順98_24.png

shohin.csvの内容

手順98_25.png