Chapter 05

手順04.「コード一覧表」シート設定

kazpgm
kazpgm
2021.12.13に更新

コード一覧表シートに選択プルダウンなどのコードを設定してください。

手順04_02.png
・B列コードIDに、テーブル定義シートの「コード値」列で使用するIDを記述してください。
手順04_03.png
・№9までは使用しないでください。(システムで使用する予定なので)
・新規は№10以降の最大値+1UPで最後の列に追加してください。
・値指定のコードIDを設定するときは、「2.YUKO_FLG」を参考に作成してください。
手順04_04.png
・DBを使用したコードIDを設定したいときは、「10.ary_lrgmidsml_category」
 「11.ary_lrgmidsml_biztype」を参考に作成してください。
  注意:DBを使用するときは「10.ary_lrgmidsml_category」の
    「大分類情報」「中分類情報」「小分類情報」シート、
    「11.ary_lrgmidsml_biztype」の「業務情報」シートのように、
  紐付いたテーブル定義シートを登録してください。
補足:G列「大分類/中分類/小分類」はシート名ではありません、コードの親、子、孫
   関係を表すためのものです。
手順04_05.png
・現在入っている「10.ary_lrgmidsml_category」~「15.ary_lrgmidsml_purchase_hist」は
 DBエレメントのサンプルなので、削除しても大丈夫です。
・「テーブル定義シート」を登録する前に、当シートは登録済みにしておいてください。
 ここで登録した内容が「★TOOL用コンスタント★」シートK列(コードID一覧)に
 自動コピーされ、「テーブル定義シート」のI列(コード値)に表示されます。
手順04_06.png