Chapter 07

ノード設定

twsnmp
twsnmp
2022.07.06に更新

TWSNMP FCのマップ上のノード編集方法についての説明です。

新規ノード追加

マップ上のノードを追加したい位置で右クリックして、「新規ノード」のメニューをクリックします。

ノード設定ダイアログが表示されます。必要な項目を設定して<保存>ボタンをクリックすればノードを追加できます。

ノードの編集

ノードを選択して右クリックし「編集」メニューをクリックすれば、ノード設定ダイアログが表示されます。

必要な項目を変更して<保存>ボタンをクリックすればノードの設定を変更できます。

ノードの削除

ノードを選択して右クリックし「削除」メニューをクリックすれば、

削除を確認するダイアログが表示されます。

<削除>ボタンをクリックすればノードを削除できます。

ノード編集ダイアログ

  • 名前
    ノードに名前を設定します。あなたのための名前なのでのでお好きにつけてください。

  • IPアドレス
    ノードと通信するためのIPアドレスです。複数IPアドレスが設定されたノードでも、TWSNMP FCから通信できるアドレスならどれでもよいです。お好きに選択してください。

  • アイコン
    ノードの種類を表すアイコンを選択してください。

  • アドレスモード
    同じノードと判断するための方法について設定します。IP固定はIPアドレスが常に同じノードに設定します。MAC固定はDHCPなどでIPアドレスを取得するためIPアドレスが変わるノードに設定します。ホスト名固定は、インターネット上のサーバーなど同じホスト名でもIPアドレスが変わるノードに設定します。普通に使うならIP固定でよいです。

  • SNMPモード
    対象のノードにSNMPでアクセスする時のSNMPのアクセス方法を指定します。SNMPv2cとSNMPv3の認証と暗号化の有無が設定できます。

  • Community
    SNMPv2cでアクセスするためのCommunity名を設定してください。SNMPを使わない場合は空欄でよいです。

  • ユーザー/パスワード
    対象のノードにアクセスするためのユーザーIDとパスワードを指定します。SNMPv3/SSH/twsnmp fc間の通知/vmwareのポーリングで使用します。

  • 公開鍵
    SSHによるポーリングの時に使用するノードの公開鍵です。通信相手のノードを信頼するための設定です。空欄に設定した場合には初回接続時にノードが提示した公開鍵を設定します。

  • URL
    ノードのアイコンを右クリックしてWebブラウザーやSSHでノードに接続するためのメニューを表示したい場合に設定します。
    http://192.168.1.1,ssh://root@192.168.1.1
    のようにカンマ区切りで複数設定できます。必要なければ空欄でよいです。
    接続するためのプログラムはブラウザーが動作するパソコン側の設定に依存します。自分で設定してくださいという意味です。
    URL欄に設定した場合のノードの右クリックメニューは

のようななります。URLをクリックすれば、

のような確認画面が表示されます。<開く>ボタンをクリックすれば接続できるはずです。

  • 説明
    ノードに関する説明をお好きなように設定でしてください。