Chapter 44

ARPログ

twsnmp
twsnmp
2022.07.20に更新

TWSNMP FCでARPをモニターした場合のログを表示する画面の説明です。
ARPのモニターはIPアドレスに対応するMACアドレスを調べるものです。

ARPログ画面の表示方法

メニューの「ログ」ー「ARPログ」をクリックします。

ARPログ画面

のような感じです。

①グラフ

ログの記録状況を示すグラフです。

②リスト

状態、発生日時、IPアドレス、MACアドレス、ベンダー、変化前のMACアドレス、変化前のベンダーのリストです。項目をクリックすると並べ替えできます。
状態としては、新規発見と変化があります。この画面のように、同じIPアドレスで変化が繰り返し発生していのは、同じセグメントに2つのLANポートで接続しているノードがあるためです。ネットワークキャプチャー用のポートを接続しています。

③ディスプレーフィルター

状態は選択式です。IPアドレス、MACアドレス、ベンダー、変化前のMACアドレス、変化前のベンダーは入力した文字列を含む項目をフィルター表示できます。

④検索条件

クリックすると

のような検索条件を指定するダイアログを表示します。
期間やIPアドレス、MACアドレスを指定して検索できます。

⑤<CSV>ボタン

リストの内容をCSVファイルに保存します。

⑥<EXCEL>ボタン

リストの内容をEXCELファイルに保存します。

⑦<更新>ボタン

前回と同じ条件で検索を行いリストを更新します。

ARPログを記録する方法

マップ設定でARP Watchをオンにします。