Chapter 04

雑談AIを作成する

maKunugi
maKunugi
2021.07.31に更新

準備するもの

雑談AIを作成するにあたり、下記の情報が必要です。

  • Googleアカウント
  • 名前
  • 提供者名
  • 雑談AIのアイコンイメージ
  • 雑談AIの紹介文

meboにサインイン

サインイン画面

https://mebo-admin.work/auth/login

まずは上記画面にアクセスし、Googleアカウントでサインインしましょう。

エージェントの作成

meboでは、会話を行うプログラムを「エージェント」という単位で呼びます。(以後、meboで作成をしている対話システムを呼称するときは、「エージェント」と記載します。) 今回作成する雑談AIはこのエージェントを作成することによって構築していきます。サインインが完了したら、「新規作成して開始する」をクリックしましょう。

エージェントの作成画面で事前に用意した情報を入力していきましょう。この画面での入力は、後からいつでも変更が可能です。

名前の入力

エージェントの名前を決めます。雑談AIの名前を入力しましょう。
今回はサンプルとして下記の名前で設定をします。
ex: ドロイドちゃん

提供者名を入力

エージェントの提供者の名前を決めます。提供者名はエージェントと会話ができるチャット画面に表示されます。
ex: デベロッパー名

イメージの設定

エージェントのアイコンをアップロードしましょう。(png, jpg, gifのみ)アイコンはチャット画面で表示されます。

紹介文の設定

エージェントの紹介文を入力します。エージェントの紹介文はチャット画面に表示されます。
ex: 雑談AIのドロイドちゃんです。様々な話題の会話ができるので、気軽に話しかけてみてください😁

応答の設定

エージェントには、会話のコンテンツをこの後のチャプターで追加していきます。追加したコンテンツでは応答が返せない場合、meboではAIによる応答を代わりに返すことができます。今回雑談AIを作るにあたり、この機能は肝になりますが、一旦meboの他の機能のイメージも掴めるよう、いったんチェックを付けずに進めましょう。(後半のチャプターでこちらの機能をオンにします。)

ここまでの入力が完了したら、「登録して開始する」をクリックします。
下記のように、作成したエージェントが表示されたダッシュボードが表示されれば成功です!