Chapter 10

[プロビジョニング ポリシー] を作成する

タクヤ オータ
タクヤ オータ
2021.08.14に更新

いよいよ最後のステップとなります。
実際にプロビジョニングの設定を行います。

[プロビジョニング ポリシー] の作成

ここからの作業は Microsoft Endpoint Manager admin center (Microsoft Intune の管理コンソール) から作業を行います。

  1. Microsoft Endpoint Manager admin center (https://endpoint.microsoft.com/) にアクセスし [デバイス] - [Windows 365] - [プロビジョニング ポリシー] をクリックします

    Microsoft Endpoint Manager admin center (https://endpoint.microsoft.com/)

  2. 「プロビジョニング ポリシー」の項より [ポリシーの作成] をクリックします

    Microsoft Endpoint Manager admin center (https://endpoint.microsoft.com/)

  3. ポリシーの名前を入力し、前章で作成しチェックが完了したネットワークを選択します

    Microsoft Endpoint Manager admin center (https://endpoint.microsoft.com/)

  4. 「イメージ」の項より 「イメージの種類」- [ギャラリー イメージ] を選択、その後に対象のイメージを [選択] します。
    その後 [次へ] をクリックします

    Microsoft Endpoint Manager admin center (https://endpoint.microsoft.com/)

  5. 「割り当て」の項より 「グループの選択」 をクリック、その後にユーザー割り当てのために作ったグループを選んだ後に [選択] をクリックします。
    その後 [次へ] をクリックします

    Microsoft Endpoint Manager admin center (https://endpoint.microsoft.com/)

  6. 「確認と作成」の項より、内容を確認し [作成] をクリックします

    Microsoft Endpoint Manager admin center (https://endpoint.microsoft.com/)

以上で「プロビジョニング ポリシー」の作成が完了です。

プロビジョニングのステータス

上記でポリシーを作成直後、適切にユーザーにライセンスが割り当てられていると、自動的にプロビジョニングが開始されます。

プロビジョニングには約 1 ~ 2 時間ほど時間がかかります。

プロビジョニングのステータスはメニューの [すべてのクラウド PC] から確認ができます。

Microsoft Endpoint Manager admin center (https://endpoint.microsoft.com/)

上記のように、「プロビジョニング済み」にステータスが変わると、いよいよユーザーからクラウド PC に接続が可能となります。