実践的なPythonを通じて知るオブジェクト指向

実践的なPythonを通じて知るオブジェクト指向

実務で利用されるプログラミングに対するアプローチには ・関数によるアプローチ ・オブジェクト指向によるアプローチなど、 さまざまありますが、本書では、一つのアプローチとして Pythonのコードを使用したオブジェクト指向の設計手法をご紹介します。 ・Pythonのコードも交えながら、オブジェクトはどうあるべきなのか。どのようにオブジェクト間の設計をおこなえばよいのかを解説します。 ・一般的に知られている原則を積極的に紹介しています。 ・「関連」といった言葉を習ったけれど、コード的にどのように実装するのかわからないといった人のために途中のチャプターからは、クラス図とともに説明します。 ※本の内容は随時更新しております。 ☟更新情報を記載しております。改善要望等はこちらのコメント欄へお願いいたします。疑問点なども回答できる範囲でお答えいたします(議論等も大歓迎です)。 https://zenn.dev/timoneko/scraps/52a3976ddd1de3

Chapters
Chapter 01無料公開

はじめに ~オブジェクト指向が目指すもの~

Chapter 02無料公開

環境構築

Chapter 03無料公開

解説1-1 オブジェクト・クラス・インスタンスとは?

Chapter 04無料公開

解説1-2 関数(function)とメソッド(method)の解説

Chapter 05無料公開

解説1-3 クラス変数とインスタンス変数

Chapter 06無料公開

実践1 ライブラリを使って画面を用意してみよう。

Chapter 07無料公開

解説2 オブジェクトに責務を持たせる。

Chapter 08無料公開

実践2 サイコロクラスを自作しよう

Chapter 09

解説3-1 カプセル化とプロパティ

Chapter 10

解説3-2 データクラス

Chapter 11

実践3-1 プロパティ機構を利用してみよう。

Chapter 12

実践3-2 属性を後から追加できないようにする。

Chapter 13

解説4-1 多態性(ポリモーフィズム)を用いたプログラムの拡張

Chapter 14

解説4-2 なぜオブジェクトを現実の対象物ととらえてはいけないのか

Chapter 15

解説4-3 仕様に依存するということ

Chapter 16

実践4 画面からサイコロの目を出す。

Chapter 17

解説5 自動テストとコードの品質管理

Chapter 18

実践5 テストコードの作成

Chapter 19

解説6 クラス間の関係(クラス図)

Chapter 20

解説 7 モデルとビューとコントローラと

Chapter 21

実践7-1 処理をMVC化してみよう

Chapter 22無料公開

実践 7-2 メニューを追加して、サイコロを変更できるようにする。

Chapter 23無料公開

解説8-1 オブジェクトのライフサイクル

Chapter 24無料公開

解説8-2 生成を別のクラスにお願いする。

Chapter 25無料公開

実践8 DIとシングルトンを実装する。

Chapter 26無料公開

解説9-1 「転送」を利用した設計

Chapter 27無料公開

解説10-1 オブジェクト間の協調(コラボレーション)

Chapter 28無料公開

解説10-2 設計手法 完全コンストラクタ

Chapter 29無料公開

解説11 コンポーネントの再利用(フレームワークの移植)

Chapter 30無料公開

解説12 オブジェクト指向とRDBのインピーダンスミスマッチ

Chapter 31

実践12 ORMを利用してみよう。

Chapter 32

(付録1) オブジェクト指向で出てくる用語

Chapter 33

(付録2) 参考文献

Community
Author
timoneko

ITエンジニア/実務ではOOP系統の言語Python, Javaを利用してアプリケーション開発を行っています。/オブジェクト指向の記事を掲載中です。→zenn.dev/timoneko/books/78460a539d033f

Topics
公開
本文更新
NEW
文章量
66,984
価格
2,000