利用規約

Zennの利用規約の変更履歴はGitHubリポジトリに公開されています。

本利用規約(以下「本規約」といいます。)は、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。本サービスの利用者(以下「利用者」といいます。)は、本規約に同意して頂いたうえで、本サービスをご利用いただきます。

第1条(規約の適用)

本規約は、本サービスの提供条件及び本サービス運営者(以下「運営者」といいます。)と利用者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用者と運営者との間のサービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

第2条(利用資格)

本サービスは以下の条件をすべて満たす方に限り、ご利用いただくことができます。

  1. ご自身でインターネットの利用環境、端末、ソフトウェアなどを用意することができる方
  2. 本規約に同意かつ遵守できる方
  3. 過去に本規約に違反したことのない方

第3条(利用者IDおよびパスワードの管理)

利用者は、自己の責任において、本サービスの利用者IDおよびパスワード等を適切に管理及び保管するものとします。利用者は、いかなる場合にも、アカウントの使用権限を第三者に譲渡または貸与することはできません。

パスワード又はユーザーID等の管理不十分、第三者の使用等によって生じた損害または不利益に関する責任は利用者が負うものとし、運営者は一切の責任を負いません。

第4条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

  1. 法令または公序良俗に違反する行為
  2. 犯罪行為に関連する行為
  3. 運営者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
  4. 本サービスの運営を妨害する行為、または妨害するおそれのある行為
  5. 他者の個人情報等を収集または蓄積する行為
  6. 他者に成りすます行為
  7. 反社会的勢力に対して直接的または間接的に利益を供与する行為
  8. 本サービスの利用者および運営者、第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉その他の権利または利益を侵害する行為
  9. 何らかの手段により、本サービス上の有料コンテンツに支払いなくアクセスする行為
  10. 他の利用者および第三者を欺く虚偽の内容を記載する行為
  11. スパムとみなされる行為(機械により自動生成された文章の投稿や同一内容の文章を繰り返し投稿する行為など)
  12. 過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、他人に不快感を与える表現等、不適切な内容を投稿する行為
  13. 性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他者に対する嫌がらせや誹謗中傷
  14. 宗教活動または宗教団体への勧誘行為
  15. その他、運営者が不適切と判断する行為

これらの行為が発覚した場合、当該コンテンツの削除、あるいはその利用者のアカウントを停止・削除する場合があります。

第5条(本サービスの提供の停止等)

運営者は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、利用者に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

  1. 本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
  2. 地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
  3. コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
  4. 本サービスが利用しているクラウドサービスが停止した場合
  5. その他、運営者が本サービスの提供が困難と判断した場合

運営者は、本サービスの提供の停止または中断により、利用者または第三者が被ったいかなる損害または不利益について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第6条(著作権)

利用者は、自ら著作権等の必要な知的財産権を有するか、または必要な権利者の許諾を得た文章、画像等の情報のみ、本サービスを利用し、投稿及び編集できるものとします。

利用者が本サービスを利用して投稿または編集した文章、画像等の著作権については、当該利用者あるいは既存の権利者に留保されるものとします。

利用者または第三者は、本サービス上のコンテンツについて、権利者の許可を得ることなく、無断で転載または二次配布等を行うことはできません。

第7条(コンテンツの購入・決済)

本サービスでは利用者が有料コンテンツを販売することができます。「サポート機能」を利用する場合、料金を支払う利用者(以下「購入者」といいます。)が設定した金額をコンテンツの販売価格とみなします。

本サービスでは、決済およびクレジットカード情報の管理をStripeに委託しています。コンテンツの購入者はStripeの利用規約に同意したものとみなします。

本サービスでコンテンツを販売する利用者(以下「販売者」といいます。)は、運営者が表示金額から所定の手数料を徴収することに同意したものとみなします。

  • Stripeが徴収する手数料(決済手数料):表示価格の3.6%
  • 運営者が徴収する手数料(プラットフォーム利用料):表示金額から決済手数料を除いた額の10%
  • 振込手数料:振込申請1回あたり¥350

決済手数料およびプラットフォーム利用料を除いた未振込の売上金額が¥1,000以上の場合に、販売者は振込申請を行うことができます。

販売者は振込を受けるためには、サービス上で振込先の銀行口座を登録する必要があります。振込先には日本国内の銀行口座のみを指定することができます。

振込先に誤りがあり、組戻し手続きが必要になった場合、楽天銀行の組戻し手数料880円(税込)を振込金額から徴収させていただきます。

第8条(購入済コンテンツの編集と削除)

購入者は、販売者が何らかの理由で本サービスのアカウントを削除した場合あるいはコンテンツの公開を停止した場合であっても、購入済みのコンテンツにアクセスする権利を有します。

販売者は、コンテンツが購入された後も、内容を編集する権利を有します。
内容の編集に伴い、購入者が被った損害または不利益について、運営者は一切の責任を負わないものとします。

第9条(返金)

デジタルコンテンツという特性上、購入者は一度支払いを行った料金に関して、返金を受けることができません。

ただし、コンテンツが本規約に明らかに違反している、あるいは購入者を欺く悪質な内容であると運営者が判断した場合、運営者は販売者の許可を得ることなく返金の処理、請求を行うことがあります。この際、運営者は支払いを行うことなく当該コンテンツにアクセスできるものとします。

返金に伴い、販売者が被った損害または不利益について、運営者は一切の責任を負いません。

第10条(広告の掲載)

運営者は、第三者の広告を本サービス上に掲載することができるものとします。

第11条(退会および登録抹消)

利用者はいつでも登録されたアカウントを削除(退会)することができます。また、利用者が本規約に違反した場合、運営者は事前の通知なく、アカウントに関わるデータを削除し、登録を抹消できるものとします。

退会および登録抹消が行われた場合、購入コンテンツへアクセスする権利、購入履歴・領収書へアクセスする権利、未振込の売上金額を受け取る権利も喪失します。退会および登録抹消に伴い利用者に生じた損害または不利益について、運営者は一切の責任を負いません。

第12条(保証の否認および免責事項)

運営者は、本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。

運営者は、取引の当事者ではなくユーザー間取引プラットフォームの提供者であり、本サービスに関して利用者と他の利用者または第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について、運営者は一切の責任を負いません。

第13条(サービス内容の変更・停止)

運営者は、利用者に通知することなく、本サービスの内容の変更および一部機能の停止をすることができるものとし、これによって利用者に生じた損害または不利益について一切の責任を負いません。

本サービスを終了する場合、30日前まで、かつ未振込の売上が振り込まれる十分な猶予期間を持って、運営サービスを停止する旨を本サイト上で告知するものとします。

運営者は、本サービスの終了に伴い利用者に生じる損害または不利益について責任を負いません。

第14条(利用規約の変更)

運営者は、必要と判断した場合には、利用者に通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。ただし、利用者にとって不利益となる利用規約の変更(手数料の値上げなど、利用者の支払い額および受け取り額の変更を含みます。)については、十分な猶予期間を持って本サイトやメールにより利用者に周知するものとします。

第15条(通知または連絡)

利用者と運営者との間の通知または連絡は、運営者の定める方法によって行うものとします。

第16条(権利義務の譲渡および貸与の禁止)

利用者は、運営者の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡および貸与することはできません。

第17条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。本サービスに関して紛争が生じた場合には、名古屋地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

2020年09月17日改定(diff
2020年09月01日制定

以上