よくある質問

販売手数料は?

サポートと本の販売は、どちらも以下の手数料がかかります。

決済手数料

販売価格の3.6%(Stripeの決済手数料に準拠しています)

プラットフォーム利用料

販売価格から決済手数料を引いた額の10%

振込手数料

振込申請1回につき¥350

例えば、¥1,000の本が購入された場合、販売者の受取金額は(1000 - 1000 * 0.036) * 0.9= ¥868 となります。この本が100回購入された後に振込申請を行ったとすると、販売者の口座には(868 * 100) - 350= ¥86,450 が振り込まれます。

note.comの手数料を参考に設定しました。

設定可能な金額は?

サポート可能額、本の販売価格はどちらも¥200〜¥5,000の範囲で設定できます。

売上はいつ振り込まれる?

その月の売上額は、翌月の1日に確定されます。
確定した売上の振込申請を行うと、振込申請をした月の翌月末までに(基本的には翌月の中旬頃に)指定した口座へ振込を行います。

1月分の売上は、2月1日に確定されます。2月中に振込申請を行った場合、3月の中旬頃に振り込まれます。

売上ダッシュボードの「確定金額」とは?

「確定金額」は今すぐ振込申請を行うことができる金額です。決済手数料とプラットフォーム利用料が引かれた後の金額です。振込時にはこの金額から振込手数料¥350を除いた額が振り込まれます。

サポートを受けるには?

投稿した記事、無料公開の本については、サポート(知見の対価としての金銭的な応援)を受け付けることができます。サポートが有効になっているかどうかはアカウント設定の[サポートの受付]で確認できます。

記事は有料で販売できる?

「細切れの知識はGoogleで検索すれば見つかることが多い」という考えから、現時点では記事の有料販売には対応していません。内容を体系化し、本として販売することをおすすめします。

購入された本は削除できる?

一度でも他ユーザーにより購入された有料本は削除できません。退会した場合や、非公開に変更した場合も、購入者は継続して本にアクセスすることができます。

これはサポートの場合には当てはまらず、サポートされた記事や無料の本はいつでも非公開に変更/削除できます。

本の値段は公開後に変えられる?

はい、本の値段はいつでも変更可能です。ただし、既に完了している決済の支払金額は変わりません。

無料の本を後から有料で売ることはできる?

はい、後から有料に変えることも可能です。

特商法表記は必要?

本の販売やサポートの受付を有効化するにあたり、特定商取引法の「販売事業者」に該当する場合は、掲載する必要があります。

たとえば、過去1ヶ月間の販売金額が100万円以上の場合は、おそらく販売事業者に該当します。詳しくは販売業者に係るガイドラインをご確認ください。
特商法表記の掲載内容はアカウント設定から指定できます。
課題が解決しなかった場合はお問い合わせフォームをご利用ください。問題の報告や機能要望などはzenn-communityで投稿してください。