Chapter 31

Tweenerで指定時間処理を待つ【wait】

alkn203
alkn203
2021.09.16に更新

tweener-wait

一定時間処理を待つ

Tweenerで指定時間処理を待つ方法について説明します。

tweener.waitメソッド

    // waitで待機
    star.tweener.rotateTo(180, 500)
                .wait(1000)
                .moveBy(100, 100, 500)
                .wait(1000)
                .rotateTo(0, 500)
                .play();
  • 引数で指定した時間の間、次の処理を待ちます。
  • 時間はミリ秒です。
  • 通常はチェインメソッドで処理を繋げて使用します。

サンプルコード

コードを見る
// グローバルに展開
phina.globalize();
/*
 * メインシーン
 */
phina.define("MainScene", {
  // 継承
  superClass: 'DisplayScene',
  // 初期化
  init: function() {
    // 親クラス初期化
    this.superInit();
    // 背景色
    this.backgroundColor = 'black';
    // スター
    var star = StarShape().addChildTo(this);
    star.setPosition(this.gridX.center(), this.gridY.center());
    // waitで待機
    star.tweener.rotateTo(180, 500)
                .wait(1000)
                .moveBy(100, 100, 500)
                .wait(1000)
                .rotateTo(0, 500)
                .play();
  },
});
/*
 * メイン処理
 */
phina.main(function() {
  // アプリケーションを生成
  var app = GameApp({
    // MainScene から開始
    startLabel: 'main',
  });
  // 実行
  app.run();
});

runstantプロジェクト

https://runstant.com/alkn203/projects/63892915