Chapter 41

ゲームの経過秒数を取得する

alkn203
alkn203
2021.09.18に更新

elapsedtime

ゲームの経過秒数を取得する

ゲームの経過秒数を取得する方法について説明します。

app.elapsedTimeプロパティ

// 更新処理
this.update = function(app) {
  // 経過秒数表示
  label.text = '経過秒数:' + Math.floor(app.elapsedTime / 1000);
};
  • update関数の引数appelapsedTimeプロパティから現在の経過秒数を得ることができます。
  • elapsedTimeはミリ秒ですので、1000で除した値をMath.floorで小数部分を切り捨てています。

サンプルコード

コードを見る
// グローバルに展開
phina.globalize();
/*
 * メインシーン
 */
phina.define("MainScene", {
  // 継承
  superClass: 'DisplayScene',
  // コンストラクタ
  init: function() {
    // 親クラス初期化
    this.superInit();
    // ラベル
    var label = Label({
      text: '',
      fontSize: 48,
      x: this.gridX.center(),
      y: this.gridY.center(),
    }).addChildTo(this);
    // 更新処理
    this.update = function(app) {
      // 経過秒数表示
      label.text = '経過秒数:' + Math.floor(app.elapsedTime / 1000);
    };
  },
});
/*
 * メイン処理
 */
phina.main(function() {
  // アプリケーションを生成
  var app = GameApp({
    // MainScene から開始
    startLabel: 'main',
  });
  // fps表示
  //app.enableStats();
  // 実行
  app.run();
});

runstantプロジェクト

https://runstant.com/alkn203/projects/8a245a3f