Chapter 09

Shapeを拡大・縮小させる

alkn203
alkn203
2021.09.05に更新

scale-shape

Shapeの拡大縮小

Shapeの拡大縮小には複数の方法があります。どちらの場合も 1.0を基準として、小さければ縮小、大きければ拡大になります。

scaleX scaleY プロパティに直接指定

var shape = Shape().addChildTo(this).setPosition(320, 480);
// 横方向に拡大
shape.scaleX = 1.5;

setScale関数で指定

setScale関数を使うと、縦横の拡大縮小をまとめて指定できます。また、生成から一気にチェインメソッドで繋げて書くことができます。

var shape = Shape().addChildTo(this).setPosition(320, 480).setScale(0.5, 0.5);

サンプルコード

コードを見る
// グローバルに展開
phina.globalize();
/*
 * メインシーン
 */
phina.define("MainScene", {
  // 継承
  superClass: 'DisplayScene',
  // 初期化
  init: function() {
    // 親クラス初期化
    this.superInit();
    // 背景色
    this.backgroundColor = 'black';
    // 拡大
    var shape8 = Shape().addChildTo(this).setPosition(150, 860);
    shape8.scaleX = 1.5;
    // 縮小
    var shape9 = Shape().addChildTo(this).setPosition(480, 860).setScale(0.5, 0.5);
  },
});
/*
 * メイン処理
 */
phina.main(function() {
  // アプリケーションを生成
  var app = GameApp({
    // MainScene から開始
    startLabel: 'main',
  });
  // fps表示
  //app.enableStats();
  // 実行
  app.run();
});

runstantプロジェクト]

http://runstant.com/alkn203/projects/c8b3a756