Chapter 11

Shapeを透明・非表示にする

alkn203
alkn203
2021.09.05に更新

alpha-shape

Shapeの透明度指定

alphaプロパティ

Shapeの透明度はalphaプロパティで指定します。デフォルトが1.0で、小さくなるほど透明度が増し、 0で完全に透明になります。

var shape = Shape().addChildTo(this).setPosition(320, 480);
shape.alpha = 0.25;

Shapeの非表示

hideメソッド

hideメソッドでShapeを非表示にすることができます。

var shape = Shape().addChildTo(this).setPosition(320, 480);
shape.hide();

透明の場合は、処理上も描画の対象で当たり判定があるのに対し、非表示の場合は、そもそも描画の対象とはならないという違いがあります。

サンプルコード

コードを見る
// グローバルに展開
phina.globalize();
/*
 * メインシーン
 */
phina.define("MainScene", {
  // 継承
  superClass: 'DisplayScene',
  // 初期化
  init: function() {
    // 親クラス初期化
    this.superInit();
    // 背景色
    this.backgroundColor = 'black';
    // 透明度
    var shape3 = Shape().addChildTo(this).setPosition(320, 600);
    shape3.alpha = 0.25;
    // 非表示
    var shape4 = Shape().addChildTo(this).setPosition(320, 800);
    shape4.hide();
  },
});
/*
 * メイン処理
 */
phina.main(function() {
  // アプリケーションを生成
  var app = GameApp({
    // MainScene から開始
    startLabel: 'main',
  });
  // fps表示
  //app.enableStats();
  // 実行
  app.run();
});

runstantプロジェクト

https://runstant.com/alkn203/projects/ee8654fb