Chapter 21

Connect Fees

Toru Furukawa
Toru Furukawa
2021.12.21に更新

Express Connect と Custom Connect では、入金に連動して手数料が発生する。

Connect 手数料の内訳

料金体系情報 によると、次の 3 つの手数料の要素がある。

  • アクティブアカウント : 有効なユーザーごとに月額 200 円。ここでのユーザーは、ある月の 1 日から月末の間で、1 度以上 payout をした Connected Account 数を指す。
  • 入金処理 : payout 処理 1 回につき、250 円。
  • 入金ボリューム : 入金額の 0.25%

各手数料に別途消費税がかかる。

Connect 手数料の資金フロー

Connect 手数料の資金フローを見ていくと、Platform Account の残高から引かれることが分かる。Balance Transaction を見てみよう。

request
curl https://api.stripe.com/v1/balance_transactions \
  -G \
  -d type=stripe_fee \
  ...
response
{
  "data": [
    {
      "id": "txn_1",
      "description": "Connect (2021-12-01 - 2021-12-31): Active Account Billing",
      "amount": -200,
      "fee": 20,
      "fee_details": [
        {
          "amount": 20,
          "description": "JCT",
          "type": "tax",
          ...
        }
      ],
      "net": -220,
      "reporting_category": "fee",
      "type": "stripe_fee",
      ...
    },
    {
      "id": "txn_2",
      "description": "Connect (2021-12-01 - 2021-12-31): Payout Fee",
      "amount": -250,
      "fee": 25,
      "fee_details": [...],
      "net": -275,
      "reporting_category": "fee",
      "type": "stripe_fee",
      ...
    },

    {
      "id": "txn_3",
      "description": "Connect (2021-12-01 - 2021-12-31): Account Volume Billing",
      "amount": -689,
      "fee": 69,
      "fee_details": [...],
      "net": -758,
      "reporting_category": "fee",
      "type": "stripe_fee",
      ...
    },
  ],
  ...
}

Connect 手数料の Balance Transaction は、type = stripe_fee、reporting_category = fee である。

description に期間と種類が格納されている。アクティブアカウント手数料は Active Account Billing、入金処理の手数料 Payout Fee、入金ボリューム手数料は Account Volume Billing である。

amount は各手数料の税抜での金額である。fee は消費税。net が合計となる。

fee details は以下のような配列だ。

"fee_details": [
  {
    "amount": 20,
    "description": "JCT",
    "type": "tax",
    ...
  }

JCT は Japan Consumption Tax 、つまり消費税である。

毎月の入金を月末に集計して、翌月に Platform Account から回収する。2021 年 12 月に発生した payout をもとに計算して、2022 年 1 月に Platform Account の残高から回収する。

Buyer             Platform            Seller
Card              Bank                Bank
 :
Payment Method    Platform Account    Connected Account
                      |
                      | Connect Fees
                      |
                    [TXN]
                      |
                      | Connect Fees
                      v
                    Stripe

Platform Account の残高から引かれる。Seller は直接負担しない。Destination Charge の Application Fee に盛り込む、Separate Chrges and Transfer の計算に含めておく、あるいは別の方法で回収する。この金額を回収するのは、明日。

下表のような、架空の取引があった場合を考えてみる。

取引 Payment Method Platform Connected A Connected B Stripe
1 Destination Charge -10,000 +1,640 +8,000 0 +360
2 Destination Charge -20,000 +3,280 0 +16,000 +720
3 Payouts 0 0 -8,000 -16,000 0
4 Destination Charge -50,000 +8,200 +40,000 0 +1,800
5 Payouts 0 0 -40,000 0 0
6 Active Account Billing 0 -440 0 0 +440
7 Payout Transaction Fee 0 -825 0 0 +825
8 Account Volume Billing 0 -176 0 0 +176

1 と 2 は、月初に発生した Destination Charge で、それぞれ Connected Account A と Connected Acocunt B に分配されている。

3 は月の中頃の Manual Payout だ。Connected Account の残高を、それぞれの銀行口座に入金した。

4 は、月の後半に発生した Destination Charge で Conneted Account A へ分配している。

5 が、月末の Manual payout で、Connected Account A の銀行口座に入金している。Connected Account B の残高はゼロなので入金をしなかった。

6、7、8 が Connect 手数料である。

6 は Active Account Billing。この月の間に、入金が一度でも発生した Connected Account 数にかかる。

(Payout があった Connected Account 数) x 200 円 + 消費税
= 2 x 200 円 x 1.1
= 440 円

7 は Payout Transaction Fee で、この月の間に発生した入金処理に対してかかる。

(入金処理数) x 250円 + 消費税
= ( (A が 2回) + (B が 1回) ) x 250円 x 1.1
= 3 x 250円 x 1.1
= 825円

8 は Account Volume Billing で、入金した金額にかかる。

(入金金額) x 0.25% + 消費税
= ( (A の入金金額合計) + (Bの入金金額合計) ) x 0.25% + 消費税
= ( (8000 + 40000) + (16000) ) x 0.25% x 1.1
= 64000円 x 0.25% x 1.1
= 176円

まとめ

Connect 手数料を見てきた。

明日は、これまでさんざん「また今度で」ひっぱってきた、Connnected Account から資金を回収する考え方を見ていく。