Chapter 07

ボーン(joint)数オーバーを解消する

t_furu
t_furu
2021.09.06に更新

jointの数を128以下にしてくださいエラーが表示された場合の解決方法です。

使うもの

Unity
ModelBoneDeleter

  • 一部のボーンを削除することができます。
  • がとーしょこら さんが公開されてるUnityエディタ拡張です。
    WeightChecker
  • らいちちゃん さんが公開されてるUnityエディタ拡張です。
  • ボーンが乗っていない不要なボーンを検索、削除することができます

インストール

ModelBoneDeleter, WeightChecker を購入ダウンロードして、unitypackageをインストールしてください。
1. 上部メニュー GatoTool -> ModelBoneDeleter が表示されているのを確認する
2. 上部メニュー Raitichan -> WeightChecker が表示されているのを確認する

使い方

ModelBoneDeleter

ModelBoneDeleter を使って不要ボーンを削除してみましょう。

  1. ボーン削除する前にVRMをProject部分にドラッグ&ドロップして Prefab化してBackupを必ずとりましょう。 ボーン削除するとモデルが壊れる場合があります。

  2. unpack prefab で編集できるようにする。

  3. 上部メニュー GatoTool -> ModelBoneDeleter を選択する

  4. avatar部分にVRMをドラッグ&ドロップする

  5. 不要なボーンを削除していく。今回は髪と帽子をMeshBakeerでまとめたので、髪ボーンをすべて削除してみました。

  6. BoneCone が128になるまで調整していく

WeightChecker

WeightChecker を使って不要ボーンを削除してみましょう。

  1. ボーン削除する前にVRMをProject部分にドラッグ&ドロップして Prefab化してBackupを必ずとりましょう。 ボーン削除するとモデルが壊れる場合があります。

  2. unpack prefab で編集できるようにする。

  3. 上部メニュー Raitichan -> WeightChecker を選択する

  4. Skinned Mesh Renderers を開いて size に 変更しようとしているVRMの服や髪等のSkinned Meshの数をいれる。例で使うVRMには11個ありました。

  5. Skinned Mesh Renderers に VRMの服や髪等のSkinned Mesh をドラッグ&ドロップして設定する

  6. RootBone に VRMのArmatureを設定する

  7. Serch を押すと一覧表示されます。

  8. 影響なさそうなボーンから削除して調整していきます。

  9. よくモデルが壊れるので、一気に削除するのではなくて何度かにわけて UniVRM で出力してアップロード確認するといいと思います。

無事にアプロードできました。