♦️

Windows+Volta+Angularプロジェクトにメンバーを招待する

2 min read

2021年11月22日時点のWindows10での情報です。

前回「Windows+Volta+AngularプロジェクトをGitHubにアップする」で、作成したAngularプロジェクトをGitHubにアップしました。

今回はチームメンバーが、GitHubにアップしたAngularプロジェクトを共同開発できるようにします。

チームメンバーの事前準備

チームメンバーもVoltaをインストールしておきます。
Node.jsバージョン管理 VoltaをWindowsにインストールする

チームメンバーもGitHubアカウントを作成しておきます。
GitHubアカウントを作成する

チームメンバーをGitHubリポジトリに招待する

GitHubにログインし、リモートリポジトリを選択します。

「Settings」>「Manage access」から「Add people」ボタンをクリックします。

招待するチームメンバーのGitHubアカウントまたemailを入力します。

ボタンをクリックし、メンバーを招待します。
メンバーは何人でも招待できます。

招待されたチームメンバーが招待を受ける

チームメンバーには招待メールが届きます.
メール内の「View invitation」をクリックします。

GitHubのページが開きますので「Accept invitation」をクリックし、招待を受けます。

招待を受けると、リモートリポジトリにアクセスできるようになります。

プロジェクトの複製をローカル環境に複製する

チームメンバーは「git clone」コマンドを実行し、リモートリポジトリにあるAngularプロジェクトをローカルリポジトリに複製を作成します。

GitHubでAngularプロジェクトのURLをコピーします。

コマンドプロンプトで、Angularプロジェクトを配置したいフォルダに移動します。
続いて「git clone」コマンドでGitHubからAngularプロジェクトを複製します。

cd <プロジェクトを配置したいフォルダ>
git clone <GitHubでコピーしたAngularプロジェクトのURL>

GitHubのサインインが求められます。

つづいて「Please complete authentication in your browser...」とブラウザで認証を行うよう表示されます。

ブラウザでGitからGitHubへのアクセスを承認します。

プロジェクトファイルが複製されました。

VisualStudioCodeでプロジェクトファイルを起動し、ターミナルウィンドウで「npm install」を行い、プロジェクトに必要なパッケージをローカルインストールします。

npm install

これでチームメンバーの開発環境の作成が終了しました。

「npx ng serve」で動作確認してみます。

npx ng serve --open

以上でチームメンバーとプロジェクトが共有できました。

Discussion

ログインするとコメントできます