🛠️

Node.jsバージョン管理 VoltaをWindowsにインストールする

2 min read

2021年11月14日時点のWindows10での情報です。

前回 「WindowsでNode.jsバージョン管理ツールをどれにするか」で、WindowsでNode.jsバージョン管理ツールについて調べてみました。

今回は Windows10にVoltaをインストールしていきます。

Voltaとは

公式サイト

https://volta.sh/
  • Node.jsバージョン管理ツール
  • Rust製で高速に動作する
  • package.jsonの内容から、自動でNodeのバージョンを切り替える
  • クロスプラットフォームに対応
  • 安定バージョンのNode.jsをインストールしてくれる
  • npm、yarnなどのパッケージマネージャーをサポート

Voltaをインストールする前に

以前にNodeバージョン管理ツールやNodeをインストールしている場合は、完全にアンインストールしておきます。

以前はバージョン管理ツールにNodistを使用していました。
Windows10環境からNodistを完全にアンインストールする作業手順を別記事にしています。
Nodistを完全にアンインストールする

Voltaをインストールする

Windows用のインストーラーをダウンロード

Volta公式サイト「Getting Started」から「download and run the Windows installer」のリンクをクリックし、インストーラーをウンロードします。

Note
Voltaの機能はシンボリックリンクの作成に依存しているため、開発者モードを有効にする必要があります。
Voltaを昇格権限で実行することは、非推奨です。

Windows開発者モードをを有効にする

VoltaはWindowsの開発者モードを有効にしておく必要があります。
Windows開発者モードをONにしておかないと、Angular CLIのインストール時にVoltaのエラーが発生します。
検索ボックスに「開発者」と入力し、「開発者向け機能を使う」を起動します。

開発者モードをオンにします。

「はい」をクリックします。

Voltaをインストール

ダウンロードしたインストーラーを実行します。

デフォルトのままでインストールしていきます。



ここで
「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されるので
「はい」を選択します。

インストールが完了します。

Voltaの動作確認

コマンドラインを起動して[volta]と入力します。
バージョン1.0.5がインストールされていることが確認できます。

Discussion

ログインするとコメントできます