♦️

Windows10にAngular環境を作成する

2 min read

2021年11月15日時点のWindows10での情報です。

今回はWindows10環境にAngular環境を作っていきます。
前回までの記事で、Node.jsのインストールまで済んでいる状態です。

  1. Node.jsバージョン管理 VoltaをWindowsにインストールする
  2. VoltaでNode.jsをインストールする

Windows10でAngular環境を作成する

Windowsの開発者モードをONにする

Node.jsのバージョン管理ツールは、Voltaを使用しています。
Voltaを使用している場合は、Windowsの開発者モードをONにしておかないと、
次項のAngular CLI のインストールで、下記のエラーが発生します。

Volta error: Could not create shared environment for package '@angular/cli' 
Please ensure you have correct permissions to the Volta directory.

Windowsの開発者モードをONにする方法は以下の記事に書いています。
Node.jsバージョン管理 VoltaをWindowsにインストールする

npmでAngular CLIをインストール

Angular CLIとは、Angularプロジェクトのひな形を自動生成してくれるツールです。
今回は動作確認のためにグローバルインストールとします。
本来はプロジェクト単位にインストールするため、ロカールにインストールします。
(Angularプロジェクトを作成する記事でローカルインストールします。)
コマンドプロンプトで以下を入力します。

npm install --global @angular/cli 

npmとはNodeのパッケージマネージャーです。
VoltaでNode.jsをインストールする」でNode.jsをインストールしました。
npmは、この時Node.jsと一緒にインストールされています。
npmについては、コチラでまとめています。
npmについて改めて調べてみた

Angular CLIコマンドの動作確認

インストールが成功するとAngularCLIのコマンド「ng」が使用できるようになります。
Angular CLIのバージョンを表示してみます。
コマンドプロンプトで以下を入力します。

ng --version 

Angular CLIコマンドのリファレンス

Angular CLIのコマンドリファレンスはコチラを参照してください。

https://angular.jp/cli

Angular CLIをアンインストールする

次回、Angularプロジェクトを作成する記事で、改めてAngular CLIをローカルインストールします。
今回、グローバルにインストールしたAngular CLIはアンインストールしておきます。

npm uninstall --global @angular/cli 

Discussion

ログインするとコメントできます