💻

Microsoft Teams Toolkit で TypeScript を使えるようにする

2022/01/01に公開約3,000字

はじめに

前回の記事では Microsoft Teams Toolkit を使ってアプリを実行するまでの手順を確認しました。

https://zenn.dev/karamem0/articles/2021_02_12_090000

記事中にも説明した通り、Microsoft Teams Toolkit の既定の言語は JavaScript です。しかし、モダン開発を行う上で TypeScript を使うことは必須とも言えます。そこで、Microsoft Teams Toolkit で作成したプロジェクトで TypeScript を扱うことができるようにしたいと思います。

実行方法

拡張子の変更

JavaScript の拡張子である js ファイルを TypeScript のものに変更します。通常の TypeScript の拡張子は ts ですが、React の JSX を扱う場合は拡張子は tsx となります。以下のファイルの拡張子を変更します。

  • src
    • index.js -> index.tsx
    • components
      • App.js -> App.tsx
      • Privacy.js -> Privacy.tsx
      • Tab.js -> Tab.tsx
      • TermsOfUse.js -> TermsOfUse.tsx

型定義パッケージのインストール

React の標準パッケージを型解決できるように型定義パッケージをインストールします。

  • @types/react
  • @types/react-dom
  • @types/react-router-dom
npm install @types/react @types/react-dom @types/react-router-dom --save-dev

TypeScript のインストール

TypeScript のパッケージをインストールします。

  • typescript
npm install typescript

TypeScript のトランスパイルには tsconfig.json が必要なのですが、初回に npm run start したときに自動的に生成されますので、いったんはそのままで問題ないです。

Tab.tsx の修正

Tab.tsx が型解決できずにエラーになるので修正します。

インターフェイスの追加

React のコンポーネントには PropsState がありますがこれをインターフェイスで定義します。

interface ITabProps { }
interface ITabState {
  context: microsoftTeams.Context
}

クラス定義の修正

コンポーネントの継承をジェネリックになるように変更します。

class Tab extends React.Component<ITabProps, ITabState> {
  ...
}

コンストラクタの修正

コンストラクタでは型を指定するようにします。

constructor(props: ITabProps) {
  super(props)
  this.state = {
    context: {} as microsoftTeams.Context
  }
}

componentDidMount の修正

microsoftTeams.getContext のコールバックが定義と合わずにエラーになっているのでパラメーターの error を削除します。

componentDidMount() {
  microsoftTeams.getContext((context) => {
    this.setState({
      context: context
    });
  });
}

これで npm run start すればコンパイルが成功するはずです。

おわりに

ちなみに、そもそも React ではクラス コンポーネントではなく関数コンポーネントを使うようになってきていますので、まるっと書き直してしまったほうが速いかもしれません。さっくりと書き直した場合、こんな感じになります。

import React from 'react';
import './App.css';
import * as microsoftTeams from "@microsoft/teams-js";

const Tab: React.FC = () => {

  const [context, setContext] = React.useState<microsoftTeams.Context>();
  const [userName, setUserName] = React.useState<string>();

  React.useEffect(() => {
    microsoftTeams.getContext((value) => {
      setContext(value);
    });
  }, []);

  React.useEffect(() => {
    if (context) {
      setUserName(Object.keys(context).length > 0 ? context['upn'] : "");
    }
  }, [context]);

  return (
    <div>
      <h3>Hello World!</h3>
      <h1>Congratulations {userName}!</h1> <h3>This is the tab you made :-)</h3>
    </div>
  );

}

export default Tab;

Discussion

ログインするとコメントできます