Qiitaのbuzzり方でありますまいか

1 min read読了の目安(約1500字

どうすれば「バズる」の

  • 毎日同じ時間に書く、更新する
  • 毎日書く
  • 毎日更新する
    というのは全く教科書どおり。

社内 あるいは コミュニティ内に反響を呼ぶ
Qiitaトレンド入りのロジックは直近3日のlgtm 数/アクセス数(大体の)らしい。
なので平日に投稿してまず社内で広まって内輪のlgtm を5弱稼いだらまずランクインできそう。これが第1波。

Qiitaトレンド内に反響を呼ぶ
そこからQiita住人がトレンド経由で訪れ出すので外向けにも普通に面白ければlgtm 増えるしコメント、ストックもしてもらえる。トレンドに居座ったら2日くらいいられる。第2波。

Qiita外に反響を呼ぶ
そこからはてな、Twitter民にどのくらいフックされるかでもうひと展開する。はてブに入ってからまたプチ第3波になることが見てとれる。

タイトルはそれなりになんじゃこりゃ感のあるもののほうがやはりウケるようだ。

まずは身近なコミュニティあるいは、同じアドベントカレンダー内に「読む価値があったと思ってもらえる」ものを書くことが最低限と思います。

書いた上で、オリジナルの記事にコメント差し上げると普通に交流できて面白い&流行る気がします。

そして数打つ、twadaさん曰くの「量は質に転化する」。そう思って毎日書いている。

でももっと大事なのは中身とハート

冒頭はダラダラ書かない
本題に入る。あくまでQiitaさんは技術記事の共有サイトなので、技術や知識を広める目的を意識する。→ 失敗学リンクまとめ

書きたいことが出てきちゃう
のは、押し付けがましくないように下の方に書いておく。リアル世界で知っている顔の人に反応もらえるのは、もちろんうれしい。でも本題じゃない。→ 私の社内鉄板エピソード

チーム意識を持つ
さり気なく過去記事やリンク貼っておきたい人の記事には貼る。
最後に参考文献まとめると良いのだと思う。

流行りにのってみる
「セグフォらせる」とか、「湯婆婆」とかも面白かった。

参考

pythonを三行でセグフォらせる
Delphiで湯婆婆する
Qiitaトレンド考察
QiitaでGoogle Analyticsを利用する
ZennのSEOについて考察してみた