Zenn始めてみた

1 min read

はじめに

技術共有系のサービス何がいいかなと思っていたが、最近よく見かけるZennを始めることにした
選定理由は大体こんな感じ

  • Markdown記法で書ける
  • GitHub連携で管理できる
    • GitHub Actionsでゴニョゴニョできそう(あとで書く)
  • スライド共有サービスの埋め込み可能
  • 専用CLIが用意されている
  • Tech/Ideaのカテゴリ分けがある
  • 見やすい
  • 対価を得られる仕組みがある
  • クラスメソッドが運営(2021/02に買収)

ちなみに同じ開発者さんのつくったものは↓などがあるらしい。すごい。

アカウント作成

https://zenn.dev/ から下の方にある「今すぐ始める」ボタンを押す
「Login with Google」ってなってたのでそちらのアカウントでログインし、名前とか入力でOKだ

GitHubとの連携

こちらの公式の記事を参照

https://zenn.dev/zenn/articles/connect-to-github

いきなりページの頭から見てデプロイ設定とかしてはダメだ→自分
連携手順のところをちゃんと読もう(先にリポジトリを作成する必要がある)

CLIインストール

CLIインストール前にGitHubに作ったリポジトリをcloneしておこう
管理したいディレクトリ内でコマンドを実行する必要がある

https://zenn.dev/zenn/articles/install-zenn-cli

記事の作成とプレビュー

画像のアップロードはWebから実行して記事にリンクを埋め込む方式のようだ
→CLIでの画像管理機能がベータ版として提供された(2021/07/19)
プレビューで見た目が確認できるのもいい

https://zenn.dev/zenn/articles/zenn-cli-guide
https://zenn.dev/zenn/articles/markdown-guide
https://zenn.dev/zenn/articles/deploy-github-images

記事が更新されない?

デプロイ連携のページを見ると、以下のような設定となっていた

デプロイ対象ブランチ:main

GitHubのメインブランチが(2020/10あたりから)mainに変更になったはずなんだけど
masterで作成されていた

GitHubのリポジトリ→branchからデフォルト名を変更したら無事公開できた
(修正はどっち側でやっても良いはず)

Discussion

ログインするとコメントできます