💨

makeだけでいきなりZennの記事を書きたい

commits2 min read

makeだけでいきなりZennの記事を書きたい

zenn.devのgithub連携は素晴らしいですね、ですが、ある時ブラウザから記事を書きたいと思うこともありました。
そうなんです、手軽さが失われたようです、nodeのコマンドをいちいちググって書き始めている自分がいました。

この問題を解決するために、何も考えずただmakeだけでいきなり記事を書きたくなり、その環境を構築しました。
今回はそのご紹介です。

技術的な観点からの解説はまた別記事にまとめたいと思います。

何を作ったの?

Virtual-zennというmakeだけで環境構築からvimエディター設定、起動までを自動で設定してくれるスクリプトを書きました。

https://github.com/Iovesophy/virtual-zenn

output

何ができるの?

Githubで管理するために必要なzennのセッティングを自動化し、極め付けにmakeだけで記事をいきなり執筆できます。

どうやって使うの?

リポジトリをクローンしてmakeしてみてください。(Docker環境が無い方はまずDockerをインストールしましょう。)

$ git clone https://github.com/Iovesophy/virtual-zenn.git
$ cd virtual-zenn
$ make

実行してみると一瞬で理解できるはずです。

ちょっと解説

使い方流れ

$ git clone https://github.com/Iovesophy/virtual-zenn.git
  • Github連携をします

設定例

$ cd virtual-zenn
$ rm -r -f .git
$ git init
$ git remote add origin <your env>
$ git config user.name "your name" 
$ git config user.email "your email"

次の記事を参考にしてください。

Zenn Contents

📕 Github connect guide
📘 How to use
📘 Markdown guide

  • makeをターミナルに入力し実行します
$ make
  • しばらくするとvimが起動します。

  • 自動で生成された記事を開くことができるはずです。

記事の編集は次のコマンドでできます

$ make edit

※デプロイ後の記事は一旦make editをする前にstage内に編集したい記事を移動してください。

  • 以上でzennライフを始められます、楽しみましょう。

makeにオプションで本を書いたり、アップロードも自動でできたりします。

  • case1 : create new article and auto start vim
$ make
  • case2 : create new book and auto start vim
$ make book
  • case3 : create new article
$ make create
  • case4 : create new book
$ make create-book
  • case5 : edit mode
$ make edit
$ make edit-book

デプロイ後の記事は一旦make editをする前にstage内に編集したい記事を移動してください。

  • case6 : upload
$ make upload
$ make upload-book
  • case7 : check contents title
$ make ls

最後に

今回は軽く使い方を解説してみました。
次回はもう少し技術よりの記事を書いてみます。
ちなみにMITです、好きに使ってください。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます