🪐

Publicationの使い方

2022/08/22に公開約4,200字

Publicationとは

Publicationとは、個人または組織が、一貫性のあるテーマについての記事をまとめて投稿することができる機能です。例えば以下のような使い方を想定しています。

  • 会社のTech Blogとして、自社サービスの開発に関連した記事を複数人で投稿したい
  • 個人やグループで1つのテーマに対して継続的に記事を投稿し、まとまりを作りたい

詳しくはこちら(リリースノート)

Publicationの主な機能

  • Publicationのトップページが生成される
    Publicationを作成すると、専用のトップページ(https://zenn.dev/p/<publication_name>)が生成されます。このページには、Publicationの紹介文やLinkを配置したり、カバー画像を設定したりすることができ、寄稿された記事の一覧が表示されます。
  • Publicationにユーザーが記事を寄稿できる
    Publicationのメンバーは、Publicationに記事を寄稿することができます。これにより、Publicationを訪れたユーザーに一貫したテーマの記事を見せることができます。また、記事ページからもPublicationを認識してもらうことができます。寄稿された記事の所有者は著者であり、他のメンバーが編集したりすることはできません。
  • Publicationのメンバーを管理できる
    Publicationにメンバーを招待したり、ロールを設定して権限を管理することができます。

Publicationの使い方

Publicationを作成する

Publicationの設定を管理する

オーナーは、Publicationの設定ページから、Publicationに関する設定を行うことができます。

基本設定

Publicationの基本設定として、以下の項目が設定できます。

  • 表示名
  • 説明文
  • Twitter/GitHubのアカウント
  • アイコン画像
  • カバー画像

ナビゲーションメニューの設定

ナビゲーションメニューは、Publicationのトップページに表示されるリンクです。任意のページに対するリンクをラベル付きで設定することができます。


Publicationのトップページの表示例

高度な設定

  • 有料バッジの受付: Publicationに寄稿された記事に対して、バッジを受け付けるかどうかを設定することができます。
  • 本文下の固定メッセージ: Publicationに寄稿された記事の下部に、任意のメッセージを表示することができます。これを使うことにより、記事本文を編集することなくPublicationとして発信したい共通のメッセージを表示することができます。例えば、自社プロダクトの紹介や採用メッセージの掲載などにご活用ください。

Publicationのメンバーを管理する

ロール

Publicationのメンバーにはロールが割り当てられます。ロールの用途と権限は以下の通りです。

操作 オーナー 編集者
Publicationの設定を編集
Publicationにメンバーを招待
Publicationのメンバーを除外
Publicationのメンバーのロールを変更
Publicationから離脱
Publicationに自分の記事を寄稿/紐付け解除
Publicationの他のメンバーの記事を紐付け解除

メンバーを追加する

オーナーは、Publicationのメンバー管理ページから、ZennのユーザーをPublicationのメンバーに追加することができます。

メンバーを除外する

オーナーは、Publicationのメンバー管理ページから、メンバーをPublicationから除外することができます。ただし、Publicationにオーナーが1人もいなくなるような操作はできません。

除外されたメンバーがPublicationに寄稿した記事の紐付けは、そのまま残ります。記事の紐付けを解除する場合は、オーナーが記事の紐付けを解除するより行います。

メンバーのロールを変更する

オーナーは、Publicationのメンバー管理ページから、メンバーのロールを変更することができます。ただし、Publicationにオーナーが1人もいなくなるような操作はできません。

脱退する

全てのメンバーは、Publicationのメンバー管理ページから、Publicationを脱退ことができます。ただし、Publicationにオーナーが1人もいなくなるような操作はできません。

Publicationを脱退した後も、Publicationに寄稿した記事の紐付けはそのまま残ります。Publicationから記事の紐付けを解除する場合は、自身の記事の管理ページより、Publicationへの紐付けを解除します。(GitHubデプロイを利用している場合は、frontmatterのpublication_nameの項目を削除します。)

Publicationの記事を管理する

メンバーが記事を寄稿する

Publicationのメンバーは、自身の記事をPublicationに紐付けて寄稿することができます。

  • zenn.devで記事を管理している場合
    記事の編集ページからPublicationへの紐付けを設定することができます。
  • GitHubリポジトリで記事を管理している場合
    記事のMarkdownファイルにて、frontmatterのpublication_nameにPublicationのnameを指定することで紐付けを設定することができます。

publication_name は、Publicationの管理ページから確認することができます。


Publicationの管理ページ

記事を寄稿しても、記事は著者のコンテンツであり、編集権は著者にしかありません。

メンバーが記事をレビューする

Publicationのメンバーは、Publicationに寄稿された下書き状態の記事を閲覧することができます。下書きを閲覧するには、Publicationの記事の管理ページから、対象の記事を選択します。

また、記事の投稿者は、記事の編集ページや記事のプレビューページから、閲覧ページのURLを取得することができます。このURLをPublicationのメンバーに共有することで、記事のレビューを依頼することができます。


記事の編集ページの投稿設定ダイアログ


記事のプレビューページ

オーナーが記事の紐付けを解除する

オーナーは、Publicationの記事の管理ページから、記事の紐付けを解除することができます。

よくある質問

Publicationを開設するため、いままでテックブログとして利用していたユーザーアカウントの記事を、個人のユーザーアカウントに移行したい

記事を別のユーザーに付け替えるには をご覧ください。

ただし、バッジが贈られた記事については、収益の整合性が合わなくなるため移行することができません。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます