2021年最新【初心者におすすめ】Macの環境構築

2 min read読了の目安(約2500字

概要

いつも新しいMacとか使うときに色々と環境構築忘れているので
今の段階での最適解を残しておきます。

Gitのインストール

git --version

ってやるとXcodeがgitインストールしますかって出てくるのでインストール。

gitignoreを入れる

~/.gitignore_globalを作成し以下を入れる

.DS_Store
.vscode
node_modules

そして設定する

git config --global core.excludesfile ~/.gitignore_global

メインPCのsshの鍵ファイルを移動させる

権限は、.ssh/は、700、鍵ファイルは600

Installするツール

  • Chrome(ブラウザ)
  • VSCode(エディタ)
  • Discord(チャット)
  • Slack(チャット)
    • LINE(チャット)
  • XD(デザインツール)
  • Zoom(ビデオ会議)
  • Alfred(スポットライトの上位互換、有償ですがクリップボードの履歴めちゃ便利)
  • HHKB driver(HHKBのドライバー)
  • Iterm2(ターミナル)
  • CloudApp(スクショや動画をURLで共有するツール)

Iterm2のテーマを入れる

テーマはAtom One Darkが好きなので以下の場所から取得します。

https://github.com/nathanbuchar/atom-one-dark-terminal
クローンでダウンロードしたファイルをimportで入れます。

sudoを使用可能にする

Macのデフォルトの設定ではsudoが使えないようになっています。
これを解決するには、リカバリーモードで起動して設定を変更する必要があります。
リカバリーモードは、起動するときにcmd + Rを押しっぱなしにすれば入れます。
上にあるバーからターミナルを選んで起動できたら以下のコマンドを入力

csrutil disable

大丈夫そうであれば再起動

reboot

これでsudo使えます。

brewをインストールする

公式サイトで一発ですね。

https://brew.sh/index_ja
/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

zshのプロンプトをpureにする

プロントはpureがシンプルで大好きです。
以下で簡単に使える様になります。

https://github.com/sindresorhus/pure

zshにプラグインを入れる

プラグインは、「Zinit」が良いようです。

https://github.com/zdharma/zinit#installation
mkdir ~/.zinit
git clone https://github.com/zdharma/zinit.git ~/.zinit/bin

~/.zshrcに以下のコードを入れる

# Load Plugin
zinit load zsh-users/zsh-autosuggestions
zinit load momo-lab/zsh-abbrev-alias
zinit load zsh-users/zsh-syntax-highlighting
zinit load zsh-users/zsh-completions
zinit load zdharma/history-search-multi-word

nodenvをインストール

以下を参考に構築します。

https://qiita.com/1000ch/items/41ea7caffe8c42c5211c

クローン

git clone git://github.com/nodenv/nodenv.git ~/.nodenv

~/.zshrcに以下のコードを追加

export PATH="$HOME/.nodenv/bin:$PATH"
eval "$(nodenv init -)"

インストールコマンドを使用可能にする

git clone https://github.com/nodenv/node-build.git ~/.nodenv/plugins/node-build

アップデートコマンドを使用可能にする

git clone https://github.com/nodenv/node-build-update-defs.git ~/.nodenv/plugins/node-build-update-defs

インストールのリスト

nodenv install --list

インストール

nodenv install 14.16.1

グローバルに設定

nodenv global 14.16.1

ローカルに設定

nodenv use 14.16.1

エイリアスの登録

~/.zshrcに以下のコードを追加

# Alias
source ~/.zsh_aliases

よく使うエイリアスを登録します。
~/.zsh_aliasesに追記

alias ls='ls -GF'
alias ll='ls -laGF'
alias mv='mv -iv'
alias rm='rm -iv'
alias resh='exec $SHELL -l'