🧊

(作り直し版) Debian Gnome を少ないパッケージで構築

2022/11/13に公開約7,200字

前に作ったものを作り直し。
Windows10にVMwareを導入し、その中で確認します。
Debian の勉強用なので、VMware Workstation Player を無料で利用します。
2022年11月時点でDebian Testingのbookwormを利用します。

対象:

  • Linux を利用するシステムで余計なパッケージが導入される事が許せない人
  • Gnome とは最低限しかお付き合いする気のない人

1 インストールメディアの準備

1-1 Debian インストールイメージの準備

以下のサイトより、下の方に移動し、
https://www.debian.org/devel/debian-installer/
Current daily snapshots / netinst のイメージをダウンロードします。
Intel/AMD のx64 アーキテクチャのCPUの場合、amd64 を選択。

x64向けは以下です。11/11 時点では以下。
debian-edu-testing-amd64-netinst.iso //学校向け
debian-testing-amd64-netinst.iso //通常版

ダウンロードしたものが正しいかはハッシュ関数を確認します。
SHA256SUMS を利用する場合で Windows CMD 以下のコマンドを実行で確認します。

> CertUtil -hashfile <ファイル名> SHA256

<参考>インストールに関する資料
Installation Guide
Debian GNU/Linux Installation Guide

1-2 VMware Workstation Player の入手

VMware のトップページから検索します。
https://www.vmware.com/
Key words: VMware Workstation Player
ライセンスに関してはここ。
https://www.vmware.com/products/workstation-player/workstation-player-evaluation.html

The free version is available for non-commercial, personal and home use. We also encourage students and non-profit organizations to benefit from this offering.

2 VM構成

仮想マシンスペック
CPU: 3 Core
RAM: 8.6 GB
Disc: 100 GB

ファイルシステム
File syetem: Btrfs

Partition Size(GB) Type Supplementary
/boot 1 Primary
/ 50 Logical Include /usr, /var and other
/home 5 Logical
/tmp 5 Logical
/work 5 Logical No Filesystem Hierarchy Standard
swap 8 Logical
free 26 Logical GiBとGBの差でもっと沢山余る

他のOSセットアップ項目
Language: English (en_US.UTF-8)
Keybord: US
Software: Minimal Install
IP address: auto

3 Debian のインストール

詳細は省く。
導入するアプリを選ぶ画面では、全てチェックを外す。


4 CD/DVD ドライブ を仮想マシンから外す

VMは停止させた状態で、利用しないデバイス (CD/DVDドライブ、プリンタ) は外す。


5 パッケージ変更の管理

パッケージの追加を確認する為に記録していく。
記録していくとこんなイメージ

個人ユーザで実施。

$ mkdir package_history # package list save here
$ cd package_history
$ dpkg -l > `date +%Y%m%d`_000001_minimal_install.txt

人に見せる時に、ユーザ名、ホスト名をプロンプトに出さないおまじない。
(恒久的な変更ではないので、再度ログインすると通常のプロンプトに戻る。)

$ export PS1='$ '


6 利用しないパッケージの削除

最小構成とする時に個人的に要らないパッケージは最初に設定ファイルも含めて削除する。
要らないパッケージの候補
nano, less, python3, perl, eject, fdisk, tasksel, open-vm-tools, task-english

Debian Testing は導入されるパッケージが更新されて変わっていくので、dpkg -l で導入済パッケージの一覧を眺めたり、以下のようにキーワード検索も利用して、パッケージの導入状況を確認し、削除対象を決める。
例は perl で始まるパッケージ

$ dpkg -l perl*

依存のあるパッケージで導入されてしまっているものも削除するのは、autoremove オプションを利用。設定も残さないので、purge オプション追加。
以下は task-english で導入された依存パッケージと設定を削除する場合の例。

# apt autoremove --purge task-english

もしくは

# apt autopurge task-english

パッケージリスト保存

$ dpkg -l > `date +%Y%m%d`_000002_smallest.txt


7 zstd 導入

zstd は標準的に利用されるようになっているので、未導入の場合は導入する。
<参考>
圧縮アルゴリズム「Zstd」、Linux 5.19のファームウェア圧縮で採用へ

zstd

# apt install --no-install-recommends zstd

<補足>
apt の --no-install-recommends オプションは、recommends となっている依存パッケージは導入しない。
その為、開発者が想定しているパッケージが導入されていないケースがあり、パッケージを導入しても動かないケースが時々起こる。
動かない時はエラーログを見たり、依存関係を調べて個別でインストールすれば動くようになる。
<参考>
APT-GET(8)

パッケージリスト保存

$ dpkg -l > `date +%Y%m%d`_000003_zstd.txt


8 Gnome 導入

Wayland Gnome 43の実行に必要なもののみ導入

# apt install --no-install-recommends gnome-shell gnome-session gnome-console gdm3

導入完了後再起動

# reboot

導入後の結果
ログイン時に選択できる Xorg Desktop Environment も Gnome (on Wayland) のみなので選択肢に出てこない。

Debian 11 (Gnome 38) の頃には、最低限のパッケージで導入しても Xorg に関係するものとも依存があり、結果として以下のようになっていた。

GUIのアプリケーションはGnome-console のみ

最低限では設定変更が出来ない為 gnome-control-center も導入

# apt install --no-install-recommends gnome-control-center

画面解像度の変更
Settings/Displays/Resolution から実施。
この時、vm-tools や xorg のドライバの導入は不要。Wayland のおかげ。

パッケージリスト保存

$ dpkg -l > `date +%Y%m%d`_000004_gnome.txt


9 firefox

firefox を導入します。

# apt install --no-install-recommends firefox-esr

日本語フォントを導入します。

# apt install --no-install-recommends fonts-noto-cjk

Firefox のフォント設定の変更
変更前



変更後

Noto Serif CJK: 明朝
Noto Sans CJK: ゴシック
Noto Sans Mono CJK: 等幅ゴシック

パッケージリスト保存

$ dpkg -l > `date +%Y%m%d`_000005_firefox.txt


10 ibus-anthy

anthy は Fedora34 で採用され復活したので、こちらを利用して様子をみます。
ibus-anthy の導入。gtk3, 4 のモジュールも追加で導入。

# apt install --no-install-recommends ibus-anthy ibus-gtk3 ibus-gtk4

サービスを起動させるOSを再起動。

# reboot

右上に漢字かな変換のステータス表示が追加されました。
英語キーボード基準で、Ctrl - j でかな漢字変換と英数字の直接入力が切り替わります。
ショートカットの定義は 左上のAnthy のステータスの表示から Preferences - Anthy をクリック



Key BInding に記載されています。全角/半角キーでも切り替わります。

パッケージリスト保存

$ dpkg -l > `date +%Y%m%d`_000006_anthy.txt


11 vim

GUI のテキストエディタを入れるとしても、CLI のエディタが必要な場面もあるので、vim が利用できるように導入します。

導入済 vim-tiny の削除。
Debian のCLI向けvimは3パッケージ準備されています。
vim-tiny, vim, vim-nox
最初から導入されているのは vim-tiny ですが、最低限の機能しか提供されないので vimtutor も利用できません。
一つ上の vim に変更します。

# apt autoremove --purge vim*

vimのインストール

# apt install --no-install-recommends vim

vimtutor が利用出来ることを確認

$ vimtutor

即終了させる場合は以下を入力

:q

パッケージリスト保存

$ dpkg -l > `date +%Y%m%d`_000007_vim.txt


12 日本語定義の追加

vimtutor を日本語で実施したい時に文字化けが起こった。
文字化けとなったオペレーションは以下。

$ echo $LANG
en_US.UTF-8    # LANGは英語になっている
$ LANG=ja_JP.UTF-8 vimtutor  # LANGを日本語にしてvimtutor


vimtutor は以下で終了させる。

:q

日本語ロケールを追加する。
ロケールの定義画面を開始し、ja_JP.UTF-8 にスペースキーでチェックを入れ[OK]

# dpkg-reconfigure locales


デフォルトは英語のままにしておく

個人ユーザに戻り、LANG を変更し vimtutor で確認

$ LANG=ja_JP.UTF-8 vimtutor

日本語が読めるようになった。

他の例として、date コマンドで LANG 設定を変えるとこの動きとなる。


13 終わりに

基本的にな設定はここまで。
つづき Debian Gnome の環境での GitHub の利用

Discussion

ログインするとコメントできます