🧰

Visual Studio Code の利用 (Debian Gnome + GitHub の環境)

2022/11/14に公開約4,400字

Debian Gnome 環境での GitHub の利用 の続き。

対象:

  • 宗教的な問題で Windows は使えない人
  • VSCode と GitHub が使えない情けない自分に嫌気がさした人
    (テキストエディタと言えば、vi か emacs という硬派な人)

1 VSCode の導入

<参考>
VisualStudioCode - Debian Wiki
Visual Studio Code on Linux
Microsoft 製品用 Linux ソフトウェア リポジトリ

Visual Studio Code on Linux を参考に手順準備。

Microsoft のリポジトリを追加する。
事前に、設定が追加されるディレクトリを確認しておく。

$ ls -l /etc/apt

keyrings と sources.list.d は空。

root で作業
作業に必要なパッケージを追加

# apt install --no-install-recommends wget gpg

パッケージリスト保存

$ dpkg -l > `date +%Y%m%d`_000010_wget_gpg.txt

証明書をカレントディレクトリに準備

# ls -l
# wget -qO- https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | gpg --dearmor > packages.microsoft.gpg
# ls -l

証明書をインストール

# install -D -o root -g root -m 644 packages.microsoft.gpg /etc/apt/keyrings/packages.microsoft.gpg
# ls -l /etc/apt/keyrings/

/etc/apt/sources.list への追加

# ls -l /etc/apt/sources.list.d
# echo "deb [arch=amd64,arm64,armhf signed-by=/etc/apt/keyrings/packages.microsoft.gpg] https://packages.microsoft.com/repos/code stable main" > /etc/apt/sources.list.d/vscode.list
# ls -l /etc/apt/sources.list.d
# cat /etc/apt/sources.list.d/vscode.list

一時的に作成したファイルの削除

# ls -l
# rm packages.microsoft.gpg
# ls -l

VSCode のインストール

# apt update
# apt install --no-install-recommends code

※ 手順では apt-transport-https をインストールしているが不要。
理由は、Package: apt-transport-https に記載されている。

パッケージリスト保存

$ dpkg -l > `date +%Y%m%d`_000011_code.txt


2 GitHub と VSCode の連携

左端の [Source Control] から

[Open Folder] で ローカルリポジトリのフォルダを選択

[No] を選択したことがない。[Yes] で進める。

EXPLORE の方に移り、ディレクトリ配下のフォルダがリストされている。

このフォルダ内で、既存のファイルを編集したり、新しいファイルを追加したりする。
ファイルの一つに修正を加えた。
保存前なので印が付いている。

Ctrl-s で保存
保存した結果、Source Control が更新しているファイルをカウントしている。

[Source Control] をクリックする。
Changes にリストされているファイルの右側の[+]をクリックする。

Changes から Staged Changes にファイルが移る

コメントを記入し、[Commit]

[Sync Changes] が Push なのでクリック

[OK, Don't Show Again] もしくは [OK] をクリック

Extention が必要なので [Allow] をクリック

Firefox が起動するので、[Open Link] をクリック

VSCode 側で再びダイアログがでるので[Open]

Infomation と Worning が出る。

Information は [Yes] とすれば良い。
Worning は vscode #92927 という問題なので、gnome-keyring を導入する。

# apt install --no-install-recommends gnome-keyring

パッケージリスト

$ dpkg -l > `date +%Y%m%d`_000011_code.txt

後は利用してトラブルが出ないかを確認する。

3 commit 以外の操作

Source Control の [・・・] にコマンドが隠れている。

4 VSCode Extention の利用

説明しないが、利用する Extention によっては追加パッケージの導入が必要になる。
例: Paste Image ・・・xclip

GitHub を利用する場合はこの辺りがあると嬉しいらしい。
Git Graph
GitLens

5 終わりに

GitHub と VSCode が使えるようになったので沢山書こう。

Discussion

ログインするとコメントできます