🤝

zenn と GitHub リポジトリを連携した

1 min read

前提

  • privateなリポジトリとする

公式ドキュメントから手を加えたこと

手順は、公式のものを参考とした。

https://zenn.dev/zenn/articles/connect-to-github
https://zenn.dev/zenn/articles/install-zenn-cli

package.json を簡潔にする

- npm init --yes
+ echo '{"private": true}' > package.json

リポジトリの内容は npm に publish しないので、privateの宣言をするに留める。

zenn-cli を devDependencies に記帳する

- npm install zenn-cli
+ npm install -D zenn-cli

使用する端末が複数あったり、cloneし直したときでもnpm installで済む。

README.mdと.gitignoreに末尾改行を加える

npx zenn initで追加されるファイルに末尾の改行がないので追加した。

感想

  • 記事のslugnpx zenn new:articleで生成したままとするだろう
    • 考えるのが面倒
    • 記事の識別子として機能するし、個々の記事は往々にして互いに関連性を持たない
      • 識別子に意味を与えずに、URLとして安定感を持たせたい
    • 記事の編集を始める段階が面倒そうではある
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます