💭

DevBoxでexpo実行環境を作成する

2022/12/30に公開約1,500字

いきさつ

  • DevBoxの利用事例として、多少ノウハウのあるexpoの環境構築を試してみた

前提

  • wslを使う
  • DevBoxを使う

https://zenn.dev/waterz1815/articles/4b1acd2beb6427

  • expoのパッケージは以下を使用

https://search.nixos.org/packages?channel=22.11&from=0&size=50&sort=relevance&type=packages&query=nodePackages.expo-cli

  • 前半にexpo単体、そのあとにelectron連携を含めた場合の例を記載

良かった点

  • スクラッチで構築するよりもテンポよく作業できた
  • 繰り返し初期化作業を行う場合は、キャッシュが利いててかなり時短になった

詰まった点

  • エラーが出るたび、調べて回避を多少繰り返した(npmが必要等)が、数は少なかった、(一発で通ったわけではない・・・という程度)
  • そのプロダクトのノウハウがあれば回避は上記の容易だが、先達のガイドがあれば実行環境の干渉が少ない分、結果的には一番簡単に構築できる手順だと思った

expoの起動(expo単体起動)

  • expo
    https://github.com/expo/expo-cli/tree/main/packages/expo-cli#readme

    作業ディレクトリに移動

    mkdir -p ./expo/v01
    cd ./expo/v01
    

    devboxの初期化を行う

    devbox init
    devbox add nodePackages.npm nodePackages.expo-cli
    devbox shell
    

    devboxに入ってから、expoの初期化を実行

    expo init
    

    以下を選択

    What would you like to name your app? … my-app
    Choose a template:
    blank               a minimal app as clean as an empty canvas
    

    expoの初期化完了後、以下を実行

    cd my-app
    expo start
    

    expoの起動を確認

    › Metro waiting on exp://127.0.0.1:19000
    › Scan the QR code above with Expo Go (Android) or the Camera app (iOS)
    

electron連携時の環境設定

Discussion

ログインするとコメントできます