🏮

UXライティングとUXデザイン: 両者を融合させるには

6 min read

(原文) UX Writing and UX Design: How to Bring Them Together

製品開発は、UXデザイナーがワイヤーフレームを作ったり、UXライターが文章を書いたりすることから始まることが多いです。

最初のステップが、その後の展開を左右します。ライターは、ワイヤーフレームがlorem ipsumで埋め尽くされていれば、ランディングページやブログ記事などのプロダクトに影響力のあるテキストを作ろうとするでしょう。UXデザイナーは、ターゲット層に向けたテキストがあれば、その言葉を製品体験全体に組み込む方法を考えなければなりません。

どちらの方法をとったとしても、プロダクトマネージャーは、UXコピーとUXデザインの専門家が協力して、機能性、ユーザビリティ、アクセシビリティを劇的に向上させる可能性のあるオプションを発見する機会を失ってしまいます。

以下の戦略は、ライターとデザインチームの間にある壁を取り除き、より多くのユーザーを惹きつけるより良いデジタル体験を開発するために役立つはずです。

おすすめの記事: UIライティングを改善するための13の方法

プロダクトマネージャーに壁を取り払う責任を負わせる

最終的には、プロダクトマネージャーがUXコピーライターとデザイナーのコラボレーションを妨げるサイロを打ち破る責任を負う必要があります。良いユーザーエクスペリエンスを生み出すには、以下のような非常に多くの要素が関係しているため、経営陣がプロセスをコントロールする必要があります。

  • ユーザーインターフェースをより直感的にするためのマイクロコピー。
  • ターゲット層がどのようなメッセージやデザインに反応するかを示すユーザーリサーチ。
  • コンテンツストラテジストやマーケターによるリサーチ
  • ユーザーをセールスファネルに導くようなデザインやコピー。

多くのプロダクトマネージャーは、コピーとデザインはそれぞれ独立して存在するものだと考えているようです。実際には、テキストとデザインが一体となって、独自のブランドアイデンティティを構築したほうが良い結果が得られます。例えば、つまらないデザインのウェブサイトに、エッジの効いた文章は必要ありません。その逆もまた然り。大胆なデザインには、シンプルなUXライティング以上の価値があります。

UXライティングをデザインプロセスに組み込むには

もちろん、コラボレーションのためのツールを与えずに、チームをまとめる責任者をプロダクトマネージャーにするというのはフェアではありません。期待だけでサイロを崩すことはできません。結果を出すためには、本物のツールと戦略が必要です。

ブレインストーミングに全チームを参加させる
ブレインストーミングは、チームメンバーがアイデアを出せないような密室で行うべきではありません。25人が一斉にアイデアを出すような混乱は避けたいものですが、各部門の代表者を招いて多様なアイデアを出してもらいたいものです。また、フリーランスを雇っている場合は、その人たちも必ず招待してください。あなたが直面している課題を他の企業がどのように解決しているかを知ることができます。

すべてのチームからメンバーを募るということは、それだけ多くの人の意見が必要だということです。

  • コピーライター
  • デザイナー
  • 開発者

ブレインストーミングセッションでは、メンバー同士のコラボレーションを奨励しましょう。最近では、リモートで仕事をしている人もいるでしょうから、彼らが貢献しやすいように、ビデオ会議やコラボレーションアプリを選ぶようにしましょう。

ブレインストーミング・セッションの効果を高めるには、以下のような方法があります。

  • 数日前に目標を決めて伝え、参加者が準備できるようにする。
  • 制限時間をかなり短くする(20分から30分)。
  • 誰もが安心してアイデアを探求できるようにする。一方で、悪いアイデアはすぐに中断して、時間を無駄にし ないようにする。
  • 恥ずかしがり屋の人にも参加してもらえるように、匿名でアイデアを提出できるようにする。
  • ブレインストーミングの結果が芳しくない場合もあることを認識し、後で再編成することができるようにする。

製品開発に関わる他の仕事について学ぶことをチームメンバーに勧める

デザインチームのメンバーは、優れたUXライティングには行動心理学や認知心理学への理解が必要であることを理解していますか?文法上のルールを守り、おしゃれな言葉を使うことがすべてではありません。優れたライターは、ターゲットとなるオーディエンスによりよく届くように、自分が知っているルールを破らなければならないことがよくあります。それは、多くの練習と考察を必要とする技術なのです。

あなたのライターは、デザイナーがコンバージョン率の向上に不可欠な役割を果たしていることを知っていますか?画像、フォント、ホワイトスペースなどのデザイン要素は、CTA(コールトゥアクション)や有益なブログ記事など、あらゆるものに対する人々の反応に大きな影響を与えます。デザイナーは、障害者のニーズを満たすことについても考える必要があります。このような複雑な仕事には、慎重な実験が必要です。

ライターとデザイナーがペアになってプロジェクトを進めてみてください。1、2時間の共同作業でも、共通の目標を達成するためにお互いがどれほど頼りにしているかをプロに示すことができるでしょう。

UXPinを使ってデジタル製品を改善し、UXライティングを容易にしましょう

2018年のソフトウェアアップデート以降、UXPinはデザイナーにlorem ipsumに頼ることを強要する代わりに、実際のデータをインポートできるようになりました。データ」といっても、数字を指す必要はありません。UXPinは、JSON、CSV、Google Sheetsからフィールドをインポートできます。UXのコピーライターが作成したテキストの塊も含まれます。

人間が読めるコンテンツを保存できるデータシートを使うと、いくつかのメリットがあります。具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • 製品のすべてのコピーを一箇所にまとめておくことができる。
  • ブランドの声を損なうことなく読者を獲得できるコンテンツ戦略を構築できる。
  • ソーシャルメディアへの投稿を計画的に行うことができる。
  • デザイナーが、ヒューマンエラーの影響を受けずに、コンテンツを簡単に作品に反映させることができる。

UXPinにはスペルチェックツールもあり、製品づくりに品質保証のレベルを加えてくれます。些細なスペルや文法の問題をチェックする機会を増やせば、製品をプロフェッショナルで信頼性の高いものに仕上げる機会が増えるのです。

UXPinでコラボレーションを向上させる

UXPinは、ライターとデザイナーがリアルタイムでコラボレーションできるデザインツールで、非効率なメールでのやりとりから解放されます。UXPinを14日間無料でお試しいただけますので、ぜひご利用ください。

本記事は2021/4/14投稿を翻訳したものです。