😺

CarthageでバイナリXCFrameworkを使う

2021/05/14に公開約1,300字

Carthageの新しいバージョン0.38.0

Carthageのバージョン0.37.0から、Xcode 12・XCFrameworkでのビルドに対応しています。
しかし、ライブラリによってはバイナリを使いたい時があると思います。特にビルド時間が長いものです。例えば、RealmRxSwiftなどです。バージョン0.37.0では、例えXCFrameworkバイナリもあるライブラリでも、通常のFrameworkバイナリを使うという欠点がありました。

最近リリースされたCarthage v0.38.0では、XCFrameworkバイナリでのインストールにも対応しました。これでビルド時間が短縮できます。

Carthage v0.38.0のインストール

Homebrewを使う方法

Homebrewでは、最新の0.38.0が利用できます。

% brew install carthage
or
% brew upgrade carthage

Mintを使う方法

Mintを使う方法もあります。例えばBitriseなどではまだ最新のcarthageに対応していないので、Mintでバージョン指定でインストールします。
Mint自体はHomebrewでインストールできます。

% brew install mint
% brew uninstall carthage # Homebrewでインストールしていた場合
% mint install Carthage/Carthage@0.38.0 

Carthageでインストール

% rm -rf Carthage # Carthageフォルダを一旦削除
% carthage bootstrap --platform iOS --cache-builds --use-xcframeworks

あとは、生成されたXCFrameworkをプロジェクトにインポートします。XCFrameworkを使うと、今までのCarthageで使っていたBuild Scriptsのcopy-frameworksを記載しなくても良くなるので便利ですね。

参考

https://dev.classmethod.jp/articles/build-carthage-use-xcframework/
https://zenn.dev/ykws/articles/carthage-meet-xcode-12
https://github.com/Carthage/Carthage/releases/tag/0.38.0

Discussion

ログインするとコメントできます