🍣

Flutterを学び始める人は増えているのか

1 min read

「Flutterで始めるアプリ開発」というFlutterとFirebaseを使ったアプリ開発の入門サイトを1年ほど前に作りました。今回はこのサイトの利用状況を1年経ったタイミングで記録しておきたいと思う。

Flutterで始めるアプリ開発

https://www.flutter-study.dev/

Flutterを使い始めて1ヶ月後位に作ったやつ。

利用状況

直近1ヶ月あたりは、1日あたり300弱ユーザー・1500弱PVぐらいで推移してます。
1年前と比べても(一応)右肩上がりで利用者が増えている。

また、アクセス数の多いページを見てみると、Providerを使った状態管理のページがよく見られる傾向にある。恐らく多くの人が状態管理について壁を感じたり試行錯誤したりする箇所なのだろう。

(GA4に切り替えてもデータを引き継げないことを知らずに移行してしまったので、微妙なタイミングでデータが途切れています。。。)


※ GA4切り替え前(2020/5/1~2021/4/13)


※ GA4切り替え後(2021/4/14~2021/5/6)

Flutterを学び始める人は増えているのか

「Flutterで始めるアプリ開発の利用者が増えている=Flutterを学び始める人が増えている」と仮定すると、右肩上がりで増えている状況だと思う。

最後に

個人的にはFlutterが盛り上がるのに期待しているし、「Flutterで始めるアプリ開発」よりもう少し発展した内容のコンテンツを出そうかなと思っています。

また、大したサイトじゃないけど自分の作ったものを多くの人に使ってもらえるのって、ソフトウェア開発の良いところだよなと改めて思う。

※ もうすぐ Google I/O 2021 があって、Flutterに関連したセッションも沢山あるようなので、気になる人はチェックしてみると良いかもしれない。

https://events.google.com/io/program/content?4=topic_flutter

https://zenn.dev/umatoma/books/1f4cb2404f3fa9

https://www.flutter-study.dev/