UedaTakeyuki

UedaTakeyuki

だって道があったんだ 細いけどたいらで行き先はなんとなく明るい道が(大島弓子『リベルテ144時間』より)