🐕

CloudFormationとAnsibleでALB+EC2+RDSのLaravel環境を構築する(手順編)

2022/01/30に公開約7,500字

検証用にphp/LaravelのアプリケーションをAWSへ素早くデプロイしたかったので、CFnとAnsibleを使って爆速でALB+EC2+RDSの環境を作れるようにしました。

解説編はこちら

https://zenn.dev/tokku5552/articles/create-php-env-explanation

構成はこんな感じ

動作環境

  • macOS Monterey 12.1(Intel)

手順

サンプルリポジトリ。こちらにCFnの定義、ansibleの定義、Laravelのアプリがまとまっています。

https://github.com/tokku5552/php-docker-nginx-postgresql/tree/create-cfn-ansible
  • 作業概要
    • 1.ローカルへリポジトリをクローン
    • 2.Cloud FormationでAWS側の構築
    • 3.AnsibleでEC2側の構築
    • 4.アプリケーションのデプロイ(手動)
    • 5.Laravelの設定

事前準備

以下が事前に済んでいることが必要です。

  • AWSCLIのインストールと設定
  • dockerのインストール
  • EC2へアクセスするためのキーペアの作成

1.ローカルへリポジトリをクローン

ローカルのターミナル
cd <プロジェクトを配置するお好みの場所>
git clone git@github.com:tokku5552/php-docker-nginx-postgresql.git

# 確認
ls -l php-docker-nginx-postgresql
total 32
drwxr-xr-x   5 username  staff   160 12 30 23:58 CFn
-rw-r--r--   1 username  staff  1104 10  9 17:01 LICENSE
-rw-r--r--   1 username  staff  3993 12 30 13:18 Makefile
-rw-r--r--   1 username  staff  2141 10 10 00:40 README.md
drwxr-xr-x  14 username  staff   448  1  6 22:48 ansible
drwxr-xr-x   5 username  staff   160 10  9 16:50 docker
-rw-r--r--   1 username  staff  2127 10 10 00:34 docker-compose.yml
drwxr-xr-x   3 username  staff    96 12 30 17:57 docs
drwxr-xr-x  26 username  staff   832 10  9 23:52 src

2.Cloud FormationでAWS側の構築

  • CFn/application.ymlEC2の各サーバーのProperties->KeyNameの部分を、用意したEC2接続用のキーペアにしておく。
CFn/application.yml#L80あたり
  # ------------------------------------------------------------#
  #  EC2
  # ------------------------------------------------------------#
  LaravelWeb1:
    Type: AWS::EC2::Instance
    Properties:
      KeyName: <EC2接続用のキーペア>
      ImageId: ami-0218d08a1f9dac831
      InstanceType: t2.micro
      Monitoring: false
  • 以下のコマンドを順次実行する。
cd CFn

# NetworkStack
aws cloudformation deploy --template-file network.yml --stack-name LaravelNetwork

# ApplicationStack
aws cloudformation deploy --template-file application.yml --stack-name LaravelApplication
  • 確認
    AWSマネジメントコンソール->CloudFormation->スタックから該当のスタックを選択してイベントを確認する。

  • LaravelApplication側のスタックのリソースタブをクリックして、LaravelWeb1のインスタンスIDをクリックする。

  • EC2が正常に作成されていることを確認する。

    • パブリックPアドレスをメモしておく
  • EC2への接続確認をしておく。

% ssh ec2-user@18.183.126.192 -i <EC2接続用のキーペア>
The authenticity of host '18.183.126.192 (18.183.126.192)' can't be established.
ED25519 key fingerprint is SHA256:zMdl2FYM+226o5KCJG825lzlY1GmkuNlSkzFEqh3V60.
This key is not known by any other names
Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])? yes
Warning: Permanently added '18.183.126.192' (ED25519) to the list of known hosts.

       __|  __|_  )
       _|  (     /   Amazon Linux 2 AMI
      ___|\___|___|

https://aws.amazon.com/amazon-linux-2/
6 package(s) needed for security, out of 16 available
Run "sudo yum update" to apply all updates.
[ec2-user@ip-10-0-1-112 ~]$
  • 他にもLaravelApplication側の他のリソースが正しく作成されているか確認しておく。

3.AnsibleでEC2側の構築

  • 先程メモしたIPアドレスをansible/inventory.txtの各ホスト名の下に記載しておく。合わせてキーペアも設定しておく。
[LaravelWeb1]
18.183.126.192

[LaravelWeb2]
54.92.127.85

[LaravelWeb1:vars]
ansible_port=22
ansible_user=ec2-user
ansible_ssh_private_key_file=<EC2接続用のキーペア>

[LaravelWeb2:vars]
ansible_port=22
ansible_user=ec2-user
ansible_ssh_private_key_file=<EC2接続用のキーペア>
  • 以下のコマンドを順次実行する。
cd ansible
make up
make run

~~省略~~

TASK [php74 : restart & enable nginx] ****************************************************************************************************************
ok: [18.183.126.192]
ok: [54.92.127.85]

TASK [php74 : install other packages] ****************************************************************************************************************
ok: [18.183.126.192]
ok: [54.92.127.85]

PLAY RECAP *******************************************************************************************************************************************
18.183.126.192             : ok=19   changed=6    unreachable=0    failed=0    skipped=0    rescued=0    ignored=0   
54.92.127.85               : ok=19   changed=6    unreachable=0    failed=0    skipped=0    rescued=0    ignored=0   

okchangedのみ数字があれば成功。failedunreachableがあれば失敗。

4.アプリケーションのデプロイ(手動)

  • プロジェクトのクローンと移動。
ssh ec2-user@18.183.126.192 -i <EC2接続用のキーペア>
git clone https://github.com/tokku5552/php-docker-nginx-postgresql.git
sudo mv php-docker-nginx-postgresql /var/www/
cd /var/www/php-docker-nginx-postgresql/src
chmod 777 -R ./
composer install

5.Laravelの設定

  • AWSコンソールマネージャーの検索窓でSecrets Managerと入力してSecrets Managerを開く。

  • CFnで作成されたシークレットをクリックし、シークレットの値を取得するをクリック。

  • シークレットの値のpasswordhostを控えておく。

  • サーバーに戻り、/var/www/.envファイルを作成し記載

pwd # /var/www/php-docker-nginx-postgresql/src
vim .env
  • 以下のサンプルの中のDB_HOSTを控えたhostに、DB_PASSWORDを控えたpasswordに修正する。
src/.env.example
APP_NAME=Laravel
APP_ENV=local
APP_KEY=
APP_DEBUG=true
APP_URL=http://localhost

LOG_CHANNEL=stack
LOG_LEVEL=debug

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=laravel
DB_USERNAME=root
DB_PASSWORD=

BROADCAST_DRIVER=log
CACHE_DRIVER=file
FILESYSTEM_DRIVER=local
QUEUE_CONNECTION=sync
SESSION_DRIVER=file
SESSION_LIFETIME=120

MEMCACHED_HOST=127.0.0.1

REDIS_HOST=127.0.0.1
REDIS_PASSWORD=null
REDIS_PORT=6379

MAIL_MAILER=smtp
MAIL_HOST=mailhog
MAIL_PORT=1025
MAIL_USERNAME=null
MAIL_PASSWORD=null
MAIL_ENCRYPTION=null
MAIL_FROM_ADDRESS=null
MAIL_FROM_NAME="${APP_NAME}"

AWS_ACCESS_KEY_ID=
AWS_SECRET_ACCESS_KEY=
AWS_DEFAULT_REGION=us-east-1
AWS_BUCKET=
AWS_USE_PATH_STYLE_ENDPOINT=false

PUSHER_APP_ID=
PUSHER_APP_KEY=
PUSHER_APP_SECRET=
PUSHER_APP_CLUSTER=mt1

MIX_PUSHER_APP_KEY="${PUSHER_APP_KEY}"
MIX_PUSHER_APP_CLUSTER="${PUSHER_APP_CLUSTER}"

  • php artisan migrate実行
php artisan migrate
  • php-fpmとnginxの再起動
sudo systemctl stop nginx
sudo systemctl restart php-fpm
sudo systemctl start nginx
  • 以下のようにcurlで200番が返ってくればOK
curl --head localhost
HTTP/1.1 200 OK
Server: nginx/1.20.0
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
Connection: keep-alive
X-Powered-By: PHP/7.4.26
...
  • EC2->ターゲットグループ->LaravelTargetGroupをクリックし、設定したEC2Health statushealthyになっていればOK

  • 上記のデプロイ作業をもう一台のEC2でも行っておく。

環境削除

CloudFormationのスタックを削除すれば環境一括削除ができます。

  • awscliコマンドからそれぞれスタックを削除する
cd CFn

# ApplicationStack
aws cloudformation delete-stack --stack-name LaravelApplication

# NetworkStack(ApplicationStackの削除完了後に実施)
aws cloudformation delete-stack --stack-name LaravelNetwork
  • Cloud Formationのコンソールから該当のスタックが削除されることを確認します。

まとめ

Cloud FormationとAnsibleを使ってAWS上にLaravelの環境を構築する手順でした。手順だけでかなり長くなってしまったので、解説は別の記事で書こうと思います。

参考

https://qiita.com/ntm718/items/f896c8e4fb801777954b
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます