🐙

[WIP]TWICEのメンバーが誰が誰だかわからないので、Azure Face APIのFind Similarを使って判定する

1 min read

はじめに

前回、2枚の写真に写っている人が同一人物か判定する方法を紹介しました。

https://zenn.dev/tmitsuoka0423/articles/a23bfc44bba348a0daf3

今回は、Azure Cognitive ServicesのFaceを利用して、写真に写っている人がグループのどのメンバーかを判定できるか試してみようと思います。

Azure Face APIを使った顔認識ステップ

顔認識を行うには以下のステップを踏む必要があります。

  1. 顔検出APIを利用し、比較したい2枚の写真のFaceIDを取得する。
  2. 確認APIに2つのFaceIDを送り、同一人物かどうかを判定する。

今回利用する機能はこちら

Detect

写真に写った顔を検出します。
検出された顔にはそれぞれFaceIDが割り振られ、FaceListに追加していきます。

https://japaneast.dev.cognitive.microsoft.com/docs/services/563879b61984550e40cbbe8d/operations/563879b61984550f30395236/console

FaceList Create & Add

FaceIDはそのままでは24時間で有効期限が切れてしまいます。
期限切れにならないようにFaceListに追加します。

https://westus.dev.cognitive.microsoft.com/docs/services/563879b61984550e40cbbe8d/operations/563879b61984550f3039524b

https://westus.dev.cognitive.microsoft.com/docs/services/563879b61984550e40cbbe8d/operations/563879b61984550f30395250

Find Similar

FaceListの中で、検索対象の顔に似た顔のリストを返却します。

https://japaneast.dev.cognitive.microsoft.com/docs/services/563879b61984550e40cbbe8d/operations/563879b61984550f3039523a/console

実際に試してみる

Discussion

ログインするとコメントできます