🗝️

2022年にwedataにログインする方法

2022/12/10に公開約300字

背景

わけあってwedataにログインが必要になったのだけど、2022年のいま旧来のOpenID認証を提供しているプロバイダはほぼ無く、困った。

結論

http://openid.org.cn/ というウェブサイトがOpenID認証を提供している。
IDとパスワードだけ設定すれば認証用のURLを発行してくれる。

未来の方々へ

もしかして10年後にまたOpenIDでログインを行いたくなった時、上記ウェブサイトはもう無いかもしれない。
その時は、最近更新しているユーザを見つけてユーザ情報を参照しよう。
そこにOpenID URLが書かれているので、そのOpenIDプロバイダを利用しよう。

Discussion

ログインするとコメントできます