Chapter 04

コンテスト提出条件と審査基準

takeru
takeru
2021.07.10に更新

コンテスト提出条件

もらえるものをもらえば、あとはコンテストの提出条件を最低限クリアしましょう。
もし狙えれば、賞金や賞を狙ってもいいですが、たいていプロが持っていくので、、、。

Hardware/Software Build Requirements

  • Your project must use the Core2 for AWS IoT EduKit reference hardware.
  • Your project must connect to AWS IoT Core and use at least one other AWS service.
  • Core2 for AWS IoT EduKitをつかうこと!
  • 「AWS IoT Core」に接続すること。その他1つ以上のAWSサービスをつかうこと!

もらったのを使うのはいいとして、「AWS IoT Core」ってなんだろう??

Project Documentation Requirements

  • Your project must include a project name, short project description, cover image, bill of materials (BOM), full instructions, images, and relevant resource files (schematics, code, CAD).
  • Your project must be submitted by Aug 15, 2021 at 8:00 PM PT.

いろいろちゃんと書いて、締切は、8/15。

「AWS IoT Core」使えばいいのね。このときはこれをまだ甘く見ていました。

審査基準

Judging criteria
Your project will be judged according to the rubric below.

Creativity of solution (30 points)
Your idea doesn’t have to be original, but it should be creative (a fresh take on an old idea is often worth as much as a brand new idea)

Technical depth (30 points)
Points awarded for the technical complexity. Go into detail about what was difficult in your project.

Visual demonstration (20 points)
Include images, screenshots, and/or a video demonstration of your solution working as intended. Ask yourself: “If I were a beginner reading this project, would I understand how to recreate it?”

Code (20 points)
Include working code with helpful comments.

Bonus Points
Narrated Video Demonstration ( 10 points)
Provide a video that includes a voiceover narration of your solution.

確実にポイントとっていけば入賞も可能??

  • 30pt 創造的なアイデアが高得点。オリジナルでなくて良い。
  • 30pt 技術的に難しいことをやると高得点。機械学習的な??
  • 20pt デモ、プレゼン。写真、スクショ、ビデオ。初心者が再現できるように。
  • 20pt 丁寧なコメントが入っているコードが高得点。
  • 10pt ナレーション入りのデモのビデオ。

ポイントのためには開発はサクッと終わらせて、ドキュメントやコードの整理、動画作成に時間をかけたほうがよさそう。やるかどうかはアレですが。せっかくなのでやりますか?

Core2もらえる分の審査通過しました!

Core2が来ることになったのでやるしかないということになりましたとさ。

つづく