📚

【Maya2023】 Blenderから移行してきた初心者の備忘録

2022/12/06に公開約4,300字

自分用のメモ。随時追記していきます

参考資料

全体的な注意事項

  1. 大きさの単位をメートルにしておく
    • デフォルトでセンチメートルなので作成するモデルのサイズが小さくなり、作業しづらい(ズームやスカルプトで調整しづらくなる)
    • ウィンドウ > プリファレンス > 設定 > 作業単位 > リニア > メートル
  2. 重くなりすぎたり、クラッシュすることが多くなった場合
    • 各オブジェクトのhistoryがたまりすぎている場合がある
    • デフォーマ以外のヒストリを消す
  3. リリース直後のバージョンはバグがある場合があるので直前のバージョンが安定版と思った方がいいかも

モデリング編

  1. ビューを別ウィンドウで開く
    • 「パネル」 > 「ティアオフ」
  2. プレーンオブジェクトの分割数とかを出すメニュー
    • オブジェクトを作成した初期状態で「T」
  3. シェーダーの割り当て
    • 新規 > 新規割り当て
    • 編集 > マテリアルアトリビュート
  4. ピボットポイント(Pivot Point)の移動
  5. ミラーした時、頂点がくっついていしまう
    • マージの閾値を下げる
  6. MayaでPropotinal編集するとき
    • b でソフト編集, b + ドラッグで範囲変更
  7. オブジェクトをロック(選択できないようにする)
    • 対象オブジェクト選択 > アトリビュートエディタ > 制御情報 > 描画オーバーライド > 表示タイプ > リファレンス
    • 戻すときは表示タイプ「通常」
  8. 頂点を整列させる
    • 頂点を選択してr キーで最小まで縮める
    • 数値で整列させる方法
      • 整列させたい頂点を選択
      • ウィンドウ > 一般エディタ > コンポーネントエディタ
  9. エッジのループ選択
    • エッジを選択 > 同一線上のエッジを shift + ダブルクリック
  10. オブジェクトの湾曲
    • デフォーム > ノンリニア > ベンド
    • 修正 > トランスフォームツール > マニピュレータ表示 でハンドルを操作
    • 形を確定させる
      • alt + shift + D でヒストリ削除

スキニング編

ボーン > mayaではjointと呼ぶ

  1. jointを親子関係にする
    • 最後に親を選択 > p 押下
  2. jointの親子関係解除
    • shift + p
  3. joint全てにlocal回転軸を表示する
    • 全てのjointの親jointを選択
    • 選択 > 階層 クリックで全jointを選択状態にする
    • ディスプレイ > トランスフォームディスプレイ > ローカル回転軸 クリックでローカル回転軸表示
      • ※この方法だとすでにローカル回転軸表示済みのjointは回転軸非表示になってしまう(mel作った方がいいかも)
  4. jointの方向の変更
    • スケルトン > ジョイントの方向づけ > 右側のオプションウィンドウ表示ボタン押下

スカルプト編

  1. ショートカット
  2. ハイポリにする
    • メッシュ > スムーズオプション > スムーズ or 適用

設定編

  1. Mayaは起動時にドキュメント/maya/各バージョン名のフォルダ の設定を見に行く

トラブル解決編

  1. ファイルを新規に開いたときにマテリアル割り当てがエラーになってる(参照エラー?)・マテリアル割り当てすると別マテリアルが変更される
  2. メッシュが濃い緑色になって選択できなくなる
    • オブジェクトがライブ サーフェスになっていないのが原因
    • オブジェクト右クリック > ライブ サーフェスにする 選択
  3. 頂点が辺に沿って移動してしまう
    • 移動ツールのトランスフォームコンストレイトがエッジになってしまっているのが原因(ctrl + shift を押すとスライド移動になってしまう)
    • 移動ツールダブルクリック > トランスフォームコンストレイトをオフにする
  4. jointとメッシュをバインドした後にコンポーネントエディタが正常に使えない

Discussion

ログインするとコメントできます