🦖

Azure App ServiceのMSBuildバージョン

2022/10/26に公開約900字

Azure App ServiceでローカルGitとKuduでデプロイする際に、自動生成されるデプロイファイル(deploy.cmd)の中身を確認してたついでに、MSBUILD変数を確認してみた。

deploy.cmd
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: Deployment
:: ----------

echo Handling ASP.NET Core Web Application deployment.

call :ExecuteCmd "%MSBUILD_1670_DIR%\MSBuild.exe" /restore "%DEPLOYMENT_SOURCE%\SampleApp\SampleApp.csproj" /p:DeployOnBuild=true /p:configuration=Release /p:publishurl="%DEPLOYMENT_TEMP%" %SCM_BUILD_ARGS%
IF !ERRORLEVEL! NEQ 0 goto error

:: 3. KuduSync
call :ExecuteCmd "%KUDU_SYNC_CMD%" -v 50 -f "%DEPLOYMENT_TEMP%" -t "%DEPLOYMENT_TARGET%" -n "%NEXT_MANIFEST_PATH%" -p "%PREVIOUS_MANIFEST_PATH%" -i ".git;.hg;.deployment;deploy.cmd"
IF !ERRORLEVEL! NEQ 0 goto error

Kudo環境はバージョンごとにMSBUILD変数がある。kudu scmのpowershellで変数を確認。

PS D:\home> echo $env:MSBUILD_1670_DIR

もともとデプロイファイルをカスタムしていたので、MSBuildのバージョン指定もスクリプトを追加する方法にした。

Discussion

ログインするとコメントできます