🕌

jetson nano - Use More Power

1 min read

はじめに

jetson nanoの性能を最大限引き出すためには、電源モードや電源供給を制御しているjetson_clocksの設定が必要。

環境・機材

以下記事の通り

https://zenn.dev/sumire0204/articles/64f1f9f016be78

手順

電源モードについて

jentson nanoはデフォルトでは10Wで動くようになっている。10W出すには2A@5Vで良いので、一見micro USBでの給電でも問題ないように見えるが、10Wはあくまでjetson本体だけの話であり、マウスやキーボードなどを接続すると10Wを超過してしまう。そのため、もしもmicro USBで動かす場合には、5Wモードにする必要がある。
最大限の性能を引き出すには、10Wモードにする必要がある。

電源モードの設定

nvpmodelの確認
$ sudo nvpmodel -q
NVPM WARN: fan mode is not set!
NV Power Mode: MAXN
0
# ここが1(5Wモード)になっていたら、下記のコマンドで0(10Wモード)に変更する
$ sudo nvpmodel -m 0

jetson_clocksについて

クロック数(クロック周波数)はCPUやGPUが処理を行う際に発する信号を扱う数。この数値が高いほど、同じ時間内に多くの処理を行うことができる。jetson_clocksではこの制御を行なっている。

jetson_clocksの最大化

性能を最大限引き出すために、CPUやGPUのクロック数を最大にする

クロック数の最大化
sudo jetson_clocks
jetson_clocksの確認
$ sudo jetson_clocks --show
SOC family:tegra210  Machine:NVIDIA Jetson Nano Developer Kit
Online CPUs: 0-3
cpu0: Online=1 Governor=schedutil MinFreq=102000 MaxFreq=1479000 CurrentFreq=710400 IdleStates: WFI=1 c7=1 
cpu1: Online=1 Governor=schedutil MinFreq=102000 MaxFreq=1479000 CurrentFreq=1036800 IdleStates: WFI=1 c7=1 
cpu2: Online=1 Governor=schedutil MinFreq=102000 MaxFreq=1479000 CurrentFreq=825600 IdleStates: WFI=1 c7=1 
cpu3: Online=1 Governor=schedutil MinFreq=102000 MaxFreq=1479000 CurrentFreq=825600 IdleStates: WFI=1 c7=1 
GPU MinFreq=76800000 MaxFreq=921600000 CurrentFreq=76800000
EMC MinFreq=204000000 MaxFreq=1600000000 CurrentFreq=1600000000 FreqOverride=0
Fan: PWM=255
NV Power Mode: MAXN

参考にした記事

Jetson Nano – Use More Power!
jetson_clocks

Discussion

ログインするとコメントできます